Mazzi Fine Art Blog


2022/No.2/Arte 5月号2022:翻訳

2022-05-05 by Maci

イタリアで最も歴史が長いアートマガジン『Arte』2022年5月号にて、

FRANCESCO MAZZI

japanese beauty

イタリア巡回展三部作の情報が発表されました!

 

歴史的芸術の中心部であるイタリアの重要都市を巡る、MAZZI FINE ARTイタリア巡回展三部作

 

Mazzi è un orafo della pittura, un miniaturista della materia e del colore dalla grandissima sensibilità tecnica e formale, un arcaico tipo d’artigiano-artista sbalzato, come per un bizzarro gioco del destino, nell’era contemporanea.
フランチェスコ・マッツィは絵画の金細工職人であり、技術的および形式的な感性に優れた物質と色のミニチュアリストであり、奇妙な運命のゲームのように現代に投げ込まれた古風なタイプの職人芸術家です。

Le sue opere, curate fin nel minimo dettaglio con materiali rari, legni pregiati, pigmenti, metalli preziosi, foglie d’oro, paste e colori realizzati a mano, sono minuziosamente decorate e rifinite come misteriosi oggetti devozionali:
彼の作品は、希少な素材、貴重な木材、顔料、貴金属、金箔、手作りのペーストと色で、細部まで処理され、細心の注意を払って装飾され、神秘的な献身的なオブジェクトとして仕上げられています。

preziosi e rari scrigni di una bellezza solo apparentemente anacronistica, gli oggetti d’arte di questo monaco della pittura appaiono, oggi, come capsule di un tempo che, nella felice incongruenza di una bellezza ritrovata miracolosamente intatta nel secolo della negazione d’ogni canone, torna a sedurre con la grazia di una ricerca che sembra voler ostinatamente sfidare lo scorrere del tempo, delle tendenze, delle mode.
明らかに時代錯誤的な(過去の遺物的な)美しさの貴重で珍しい宝箱、この絵画の僧侶の芸術品は、今日、過去のカプセルとして現れます。すべてのカノンの否定の世紀に奇跡的に無傷で発見された美しさの幸せな違和感の中で、それは時間の経過、トレンド、ファッションに頑固に挑戦したいと思われる検索の優雅さで誘惑に戻ります。

VITTORIO SGARBI

ヴィットリオ・スガルビ

 

FRANCESCO MAZZI

japanese beauty

Trilogia Italiana

Bologna-Cividale del Friuli-Firenze

三部作 イタリア巡回展 2022年5月~2023年1月

ボローニャ~チビダレ・デル・フリウリ~フィレンツェ

 

日程:

13 maggio - 1 giugno 2022(5月13日~6月1日)

BOLOGNA - Dueunodue Spazi Espositivi (ボローニャ - デュエウノデュエショールーム)

via Galliera, 2/B

 

1 - 20 luglio 2022(7月1日~20日)

CIVIDALE DEL FRIULI - Monastero di Santa Maria in Valle (チビダレ・デル・フリウリ - サンタ・マリア・イン・ヴァッレ聖堂)

via Monastero Maggiore, 38

 

14 - 26 gennaio 2023(2023年1月14日~26日)

FIRENZE - Casa di Dante (フィレンツェ ‐ ダンテの家ミュージアム)

Società delle Belle Arti - Circolo degli Artisti

via Santa Margherita, 1/R

 

ideazione progetto itinerante e curatela

巡回展プロジェクトの設計とキュレーターシップ

GIANCARLO BONOMO(ジャンカルロ・ボノモ)

RAFFAELLA FERRARI(ラファエラ・フェラーリ)

 

Con il patrocinio di

後援:COMUNE DI FIRENZE (フィレンツェ市)

   Città di Cividale del Friuli (チビダレ・デル・フリウリ市)

In collaborazione con

協力:ECLIPSIS (eclipsis.art)

        CASA DI DANTE (ダンテの家ミュージアム)

        Club per l'UNESCO di Udine (ウディネユネスコクラブ)

   Auxilia FOUNDATION (auxilia財団)

   Dueunodue Spazi Espositivi (ボローニャ - デュエウノデュエ212ショールーム)

        ARTE FIERA/ART CITY BOLOGNA/WHITE NIGHT (ボローニャ市/アートフェアボローニャ/ホワイトナイト)

 

     

ART CITY WHITE NIGHTは、毎年土曜日の夜、 ボローニャアートフェアの終了直後、何万人もの愛好家が、最も多様なタイプのパブリックスペースとプライベートスペースで開催されるあらゆる種類のイベントから選択できます。 実際、ART CITY WHITE NIGHTの特徴は、ギャラリーや美術館だけでなく、クラブ、ショップ、バー、カフェなどでもアートを提供、ボローニャがアートシティになります。任命は2022年5月14日土曜日です。

イベントの完全なプログラムは、アートシティ・ボローニャからスタート、ウディネの世界遺産サンタ・マリア・イン・ヴァッレ聖堂を経て、偉大なる芸術の発祥の地フィレンツェのダンテの家ミュージアムに続きます。

素晴らしい後援と協力と共に、MAZZI FINE ARTイタリア巡回展が開催されます。

『カノンの否定の世紀に奇跡的に無傷で発見された美しさ』と称されたFRANCESCO MAZZIが創作する作品を、日本の皆様もお見逃しなく‼MAZZI FINE ARTを追い続けてください。

 

 





2022/No.1/国際現代美術年鑑 2022

2022-03-27 by Maci

FRANCESCO MAZZI

フランチェスコ・マッツィ

Insieme classico e contemporaneo

クラシックとコンテンポラリーを一緒に

 

Francesco Mazzi è un orafo della pittura, un miniaturista della materia e del colore dalla grandissima sensibilità tecnica e formale, un arcaico tipo d’artigiano-artista sbalzato, come per un bizzarro gioco del destino, nell’era contemporanea.

フランチェスコ・マッツィは絵画の金細工職人であり、技術的および形式的な感性に優れた物質と色のミニチュアリストであり、奇妙な運命のゲームのように現代に投げ込まれた古風なタイプの職人芸術家です。

 

Le sue opere, curate fin nel minimo dettaglio con materiali rari, legni pregiati, pigmenti, metalli preziosi, foglie d’oro, paste e colori realizzati a mano, sono minuziosamente decorate e rifinite come misteriosi oggetti devozionali:

彼の作品は、希少な素材、貴重な木材、顔料、貴金属、金箔、手作りのペーストと色で、細部まで処理され、細心の注意を払って装飾され、神秘的な献身的なオブジェクトとして仕上げられています。

 

preziosi e rari scrigni di una bellezza solo apparentemente anacronistica, gli oggetti d’arte di questo monaco della pittura appaiono, oggi, come capsule di un tempo che, nella felice incongruenza di una bellezza ritrovata miracolosamente intatta nel secolo della negazione d’ogni canone, torna a sedurre con la grazia di una ricerca che sembra voler ostinatamente sfidare lo scorrere del tempo, delle tendenze, delle mode.

明らかに時代錯誤的な(過去の遺物的な)美しさの貴重で珍しい宝箱、この絵画の僧侶の芸術品は、今日、過去のカプセルとして現れます。すべてのカノンの否定の世紀に奇跡的に無傷で発見された美しさの幸せな違和感の中で、それは時間の経過、トレンド、ファッションに頑固に挑戦したいと思われる検索の優雅さで誘惑に戻ります。

 

La perizia tecnica dell’artista, nella sua attenzione al dettaglio, alla ricchezza della decorazione, alla calligrafia del materiale e del colore, sembra serbare in sé l’abilità degli antichi artigiani italiani e una sensibilità tutta mutuata dalla sua assidua frequentazione con la cultura orientale.

細部へのこだわりにおける芸術家の技術的専門知識、

装飾の豊かさ、素材と色の能筆に、それは古代イタリアの職人の技能と東洋文化との彼の熱心な勉励から完全に得た感性を保持しているようです。

 

Il risultato è la costruzione di un intero universo formale e concettuale che appare insieme classico e contemporaneo, poiché serba in sé suggestioni estetiche tipicamente orientali e sguardo occidentale, sperimentazione e decoratività, minuzia dei particolari e ricerca di soluzioni sempre innovative.

その結果、クラシックとコンテンポラリーの両方に見えるフォーマルでコンセプチュアルな宇宙全体が構築されます。これには、典型的な東洋の美的提案と西洋風の外観、実験と装飾、細部へのこだわり、常に革新的な解決策の探求が含まれています。

 

Il futuro, sembrano dire a bassa voce e con tocco delicato le opere di Francesco Mazzi, è nella riscoperta dei segreti sepolti nel nostro passato più remote.

未来、フランチェスコ・マッツィの作品は、私たちの最も遠い過去に埋もれていた秘密の再発見に、低い声と繊細なタッチで語っているようです。

 

 

高名な芸術評論家:Vittorio Sgarbi (ヴィットリオ・スガルビー)

 





2021/No.20/ART NOW イタリア・アートマガジン 11月/12月 2021:翻訳

2021-12-05 by Maci

Art Now

芸術家:フランチェスコ・マッツィ

物質の感情的な側面

 

芸術評論家:サンドロ・セッラディファルコ

Francesco Mazziの芸術が引き起こす第一印象は、表現の自由を制御するという考えです。

彼の作品にはおおよという選択は決してないようで、すべてがよく考えられ、賢明に調整されているようです。

芸術家マッツィの表現力豊かな研究における主題を特徴付ける独特の貢献は疑問の余地がありません。

一見抽象的な弁証法を通して、しかしそれは比喩的である傾向があり、芸術家は色彩要素との非常に個人的な対話を強化します。

要素は、絵のナレーションを補完するものとしてではなく、シーンの主人公である複合物として意図されていました。

物語の構成は巧みな操作で表され、それは特定の美的落ち着きに驚かされて、視線に続く厚さと三次元の命題でためらうことなく動きます。

素材の感情的な側面は、観察者を意図された知覚振動に導くことによって結実を魅了することができる、常にバランスの取れた音色システムを通じて発せられます。

 





2021/No.19/EUROPEAN Life. マガジン:翻訳

2021-09-09 by Maci

EUROPEAN Life.

ART&CULTURE

Mazzi Fine Art: A unique private gallery where contemporary art meets ancient knowledge

Mazzi Fine Art:現代アートと古代の知識が出会うユニークなプライベートギャラリー

BY ADMIN, JUNE 27, 2021

Mazzi Fine Art: A unique private gallery where contemporary art meets ancient knowledge.

In the mysterious land of the Rising Sun, an Italian artist revolutionises modern art by combining new technologies with ancient knowledge. Francesco Mazzi made his life’s purpose a mission turning objects into protagonists telling stories of distant times. Together with his wife and partner Maki Saegusa he created an astounding art gallery, workshop space, office and home: Mazzi Fine Art.

Mazzi Fine Art:現代アートと古代の知識が出会うユニークなプライベートギャラリー。

昇る太陽の神秘的な土地で、イタリアの芸術家は新しい技術と古代の知識を組み合わせることによって現代美術に革命を起こします。 Francesco Mazziは、彼の人生の目的を、芸術を遠い時代の物語を語る主人公に変える使命としました。 彼は妻でありパートナーである三枝真綺と一緒に、驚異的なアートギャラリー、アトリエ、オフィス、そして自宅を作り上げました。

それがマッツィファインアートです。

Francesco Mazzi, Sun‘s Skin, Sculpture on canvas 45x 53.5 x 4.5cm, Japan

 

Within a year, Francesco and Maki registered an international patent for their 3D Push Up Frame, sold over 100 pieces of art and completely independently created an inspiring and unconventional art gallery located in Osaka Bay. With the help of master carpenter Ishikawa San, their original vision was turned into reality. The gallery is modeled on the structure of a Japanese villa including an internal garden, making it the perfect space for the creation of pieces representing “places of memory”.

Mazzi Fine Art recreates memories by constructing powerful and unconventional oil paintings embellished with gold, platinum, diamonds, antique woods and other selected precious and organic materials. Mankind has a history of using gold to get closer to the concept of eternal and divine, just like diamonds representing the eyes of a goddess.

フランチェスコとマキは1年以内に、3Dプッシュアップフレームの実用新案を登録し、100点以上のアートを販売し、大阪湾に刺激的で型破りなアートギャラリーを完全に独立して創作しました。 大工の石川さんの助けを借りて、彼らの当初のビジョンが実現しました。 ギャラリーは、中庭を含む日本の別荘の構造をモデルにしており、「記憶の場所」を表す作品を創作するのに最適なスペースです。

Mazzi Fine Artは、金、プラチナ、ダイヤモンド、アンティークウッド、その他の厳選された貴重な有機素材で装飾された、強力で型破りな油絵を創作することで、歴史や神話の記憶を再現します。 人類は、女神の目を表すダイヤモンドのように、金を使って永遠の神の概念に近づいた歴史があります。

Francesco Mazzi, The Colors of Beauty, Oil painting on canvas 61×45.5 thickness 6.3cm, Japan


However, Francesco and Maki’s concept of luxury is not based on the free self-celebration of the use of these precious items, but focuses on achieving aesthetic dimensions that otherwise would be impossible with normal materials. Although the style of his artwork is new, all paintings show the aesthetic qualities of ancient times, as if the memories of a distant past imprinted in our DNA are being awakened and brought to life.

“We want to communicate “simplicity”, which is the real luxury of our time, not in a rhetorical sense but as a convinced affirmation.” – (F. Mazzi)

しかし、フランチェスコと真綺の贅沢の概念は、これらの貴重なアイテムの使用を自由に自己を祝うことに基づいているのではなく、通常の素材では不可能な美的次元を達成することに焦点を当てています。 彼の作品のスタイルは新しいものですが、すべての絵画は、まるで私たちのDNAに刻印された遠い過去の記憶が目覚め、生き返っているように、古代の美的性質を示しています。

「私たちは、修辞的な意味ではなく、確信を持って肯定することで、私たちの時代の真の贅沢である「シンプルさ」を伝えたいと思っています。」 –(F。マッツィ)

Francesco Mazzi, The Waterfall of Light, Oil painting on canvas of 41x67cm thickness 6.3cm, 23/24K gold, Japan.

 

Since 2021 Mazzi Fine Art has started producing frames, made from the best Japanese wood combined with the most exquisite Italian craftship. Their own internationally patented utility model “3D Frame Push Up” displays their contemporary paintings outside of the frame, as though they are performing on a stage. No longer stuck in a frame, the work seems to overflow and stand out. This unique way of presenting contemporary paintings is defined as “Total art”, allowing the canvases to be enjoyed as a whole.

2021年以来、マッツィファインアートは、最高の日本木材と最も精巧なイタリアの工芸品を組み合わせて作られたフレームの製造を開始しました。 彼ら自身の国際的に特許を取得した実用新案「3Dフレームプッシュアップ」は、まるでステージで演奏しているかのように、フレームの外側に現代絵画を表示します。 フレームに引っかかっていないので、作品が溢れて目立つようです。 現代絵画を表現するこのユニークな方法は「トータルアート」と定義されており、キャンバス全体を楽しむことができます。

 

“It is important to surround yourself with powerful objects, because art helps improve the quality of our lives”. This philosophy – in delicate balance with the best rare materials – creates the artistic universe of Mazzi Fine Art.

「アートは私たちの生活の質を向上させるのに役立つので、強力なオブジェクトで自分を囲むことが重要です」。 この哲学は、最高の希少材料との微妙なバランスで、マッツィファインアートの芸術的世界を創造します。

Francesco Mazzi, The Fruits of the Sun, Oil painting on canvas of 72x40cm thickness 6.3cm, gold/silver/plaster, Japan.


Francesco is always looking for the best to satisfy a very selective market and improve their lives through vivid and original paintings. The current collection consists of “Fantasy” and “Myths & Legends”. Within these 2 lines anyone can find a unique piece of art that matches their taste.

The Mazzi Fine Art gallery opened in June 2021, presenting the latest collection. There are several upcoming exciting projects, including the artist’s next collection which is currently being created.

フランチェスコは、非常に厳選された市場を満足させ、鮮やかで独創的な絵画を通じて彼らの生活を向上させるための最良のものを常に探しています。 現在のコレクションは「ファンタジー」と「神話と伝説」で構成されています。 これらの2行の中で、誰もが自分の好みに合ったユニークな芸術作品を見つけることができます。

マッツィファインアートギャラリーは2021年6月にオープンし、最新のコレクションを展示しています。 現在作成中のアーティストの次のコレクションを含む、いくつかの今後のエキサイティングなプロジェクトがあります。

 

For more information please visit Mazzi Fine Art Gallery online at: www.mazzifineart.com

詳細については、Mazzi Fine Art Galleryをオンラインでご覧ください:https://www.mazzifineart.com/index.php?La=J

EuropeanLife Magazine 2021

 







2021/No.18/Aesthetica オンラインバージョン 2021:翻訳

2021-08-12 by Maci

 

Aesthetica

The word myth derives from the Greek mythos, which has a range of meanings – from “word” to “saying”,“story” to “fiction”. Tales of gods and other supernatural figures have captivated audiences for millennia. But what is their relevance in today’s world? How are 21st century creatives responding to these iconic tales? Mazzi Francesco is an Italian artist inspired by the ancient world. Using iridescent palettes, textured paints and three-dimensional surfaces, he conjures everything from dragons’ skin to cascading light and the sun’s rays. Here, the artist speaks to Aesthetica about his practice and new gallery, Mazzi Fine Art.

翻訳

神話という言葉はギリシャ神話に由来し、「言葉」から「ことわざ」、「物語」から「フィクション」まで、さまざまな意味があります。 神々の物語や他の超自然的な人物は、何千年もの間聴衆を魅了してきました。 しかし、今日の世界でのそれらの関連性は何ですか? 21世紀のクリエイティブはこれらの象徴的な物語にどのように反応していますか? Mazzi Francescoは、古代世界に触発されたイタリア人アーティストです。 虹色のパレット、テクスチャペイント、3次元の表面を使用して、ドラゴンの肌から滝の光や太陽光線まで、あらゆるものを想起させます。 ここでは、アーティストは彼の創作と新しいギャラリー、マッツィファインアートについてAestheticaに話します。

 

A: How did you get started in the art world? What’s your story?

MF: I have been passionate about art since childhood and, as such, have always expressed myself through various forms. I have been working on a new patent for several years. Titled “3D Push Up”, it is a way to present canvasses outside of the frame. I’ve also developed a new graphic style which could be seen as contemporary, but also has the grace of classic artworks. I had to work hard and save money (as a top chef) for several years before I could open MAZZI FINE ART it took a while because I wanted to be free from investors or banks. After an encounter with my life partner Maki Saegusa, the project sped up thankfully, we shared a mutual vision. Her grandfather was a famous Japanese painter, her mother a gallerist and her father an architect. We started in Ginza, the most prestigious area of Tokyo, with an office inside an imperial hotel. Then we opened a gallery in Kyoto and, right now, a permanent gallery office and atelier at Osaka bay inside a beautiful classic Japanese villa.

 

A:アートの世界はどのように始めましたか?あなたの物語は何ですか?

MF:私は子供の頃からアートに情熱を注いできたので、いつもいろいろな形で自分を通して表現してきました。私は数年前から新しい特許に取り組んでいます。 「3Dプッシュアップ」というタイトルで、フレームの外側にキャンバスを表示する方法です。また、現代と見なすことができるが、古典的なアートワークの優雅さも備えた新しいグラフィックスタイルを開発しました。 MAZZI FINE ARTを設立するには、投資家や銀行から解放されたいと思っていたので、数年間、一生懸命働き、(トップシェフとして)お金を節約しなければなりませんでした。私の人生のパートナーである三枝真綺との出会いの後、プロジェクトはありがたいことにスピードアップし、私たちは相互のビジョンを共有しました。(彼女の祖父は有名な日本の画家であり、彼女の母親はギャラリストであり、彼女の父親は建築家という環境で育ちました。その為、アートについて確かな経験とビジョンを持っていました。)東京で最も有名な銀座からスタートし、帝国ホテルタワーにオフィスを構えました。それから私たちは京都にギャラリーをオープンし、現在は大阪湾の美しいクラシックな日本のヴィラの中に常設のギャラリーオフィスとアトリエをオープンしました。

A: How would you best describe your practice? What media do you use, and why?

MF: At MAZZI FINE ART we create powerful artworks that can improve people’s lives. All our materials are carefully selected from all over the world, and, if we cannot find what we need, we will custom create them. We spare no expense to have the best: unique oil paints, special textured pastes all containing real marble powder, gold, silver, platinum coating, diamonds, rare stones and glasses. Inside our laboratory, we select rare woods which will become frames finished with the best artisanal paints and resins from Italy. Thanks to all this meticulous work, we create pieces like jewels highly sensitive to refraction with a unique look and appeal.

 

A: Nature and mythology seem to be common themes in your work such as dragons and the tree of life. What draws you to these ideas?

MF: I’m a huge fan of archaeology and, through my work, I want to reconnect people to our ancient past to what we have forgotten. As you mentioned, dragons, trees, waterfalls and the stars are common themes. In the tree series, I explore the relationship between earth and sky through the curving movement of branches recalling the rising sun or moon. I’m also interested in the concept of light and time, and the idea that “by observing the past, we shape the future.”

 

A:あなたの創作をどのように最もよく説明しますか?どのメディアを使用していますか、またその理由は何ですか?

MF:MAZZI FINE ARTでは、人々の生活を向上させることができる強力なアートワークを創作しています。私たちの素材はすべて世界中から厳選されており、必要なものが見つからない場合はカスタムで作成します。ユニークなオイルペイント、本物の大理石のパウダー、ゴールド、シルバー、プラチナコーティング、ダイヤモンド、レアストーン、グラスをすべて含む特別なテクスチャペーストなど、最高のものを手に入れるために費用を惜しみません。私たちの研究室では、イタリアからの最高の職人の塗料と樹脂で仕上げられたフレームになる珍しい木材を選択します。この細心の注意を払ったおかげで、屈折に非常に敏感で、独特の外観と魅力を備えた宝石のような作品を創作しています。

A:ドラゴンや生命の木など、自然や神話はあなたの作品に共通のテーマのようです。これらのアイデアにあなたを惹きつけるものは何ですか?

MF:私は考古学の大ファンであり、私の仕事を通して、人々を私たちの古代の過去と私たちが忘れていたものに再接続したいと思っています。あなたが言ったように、ドラゴン、木、滝、そして星は共通のテーマです。

樹木シリーズでは、昇る太陽や月を想起させる枝の曲がりくねった動きを通して、地球と空の関係を探ります。光と時間の概念、そして「過去を観察することで未来を形作る」という考えにも興味があります。

A: Your paintings look like they are created in three dimensions reaching out into the gallery space. Why do you choose to work in this way, rather than on a traditional flat surface?

MF: As a self taught artist, I have managed to create an artistic style free from any existing approach. Through my patented model, I can free the canvas from the frame. I express my completely new aesthetic concept through simplified graphics and accentuated textures.

I believe these qualities to be very important in conveying a subject’s true form. For example, there are many beautiful artworks regarding dragons, but how about a piece where you can touch the texture of this legendary creature?  These 3D pieces are engineered to enrich any beautiful home around the world with a minimalist elegance.

A: What does colour mean to you? How do you choose your palettes?

MF: Colour is an instrument of communication and affirmation. I love gold. Its yellow hues recall the sun and bring me closer to the concept of eternity. Silver refers to lunar cults and nocturnal luminosity. Blue and turquoise recall infinity and regeneration evoking the sky and water respectively. These are the colours I use the most in my art.

 

A:あなたの絵画は、ギャラリースペースに届く3次元で作成されているように見えます。従来の平らな面ではなく、なぜこのように創作することを選択するのですか?

MF:独学のアーティストとして、私は既存のアプローチから解放された芸術的なスタイルを作り出すことができました。特許取得済みのモデルを通じて、フレームからキャンバスを解放できます。シンプルなグラフィックと強調されたテクスチャーを通して、まったく新しい美的コンセプトを表現しています。

これらの資質は、被験者の真の姿を伝える上で非常に重要であると私は信じています。たとえば、ドラゴンに関する美しい作品はたくさんありますが、この伝説の生き物の質感に触れることができる作品はいかがですか?これらの3D作品は、ミニマリストのエレガンスで世界中の美しい家を豊かにするように設計されています。

A:あなたにとって色はどういう意味ですか?どのようにパレットを選びますか?

MF:色はコミュニケーションと肯定の道具です。私は金が大好きです。その黄色い色合いは太陽を思い起こさせ、私を永遠の概念に近づけます。銀は月のカルトと夜行性の光度を指します。青とターコイズは、それぞれ空と水を想起させる無限と再生を思い起こさせます。これらは私が私の芸術で最も使用する色です。

A: Is there anything you hope audiences take away from your artwork?

MF: Strength and elegance are characteristic of my creations. Since ancient times, humans have surrounded themselves with powerful and auspicious objects. Mazzi Fine Art reflects this, and, so far, over 100 pieces have been sold. All my clients have found an improvement in their lives. My creations offer an opportunity to engage with new generation of art based on the relationship between canvas and frame.

A: What’s next for you? Any projects or exhibitions on the horizon for 2021-2022?

MF: We’re always thinking about what is going to happen next. Right now, I am exploring the potential of new material textures. We opened our gallery in June 2021 are now working closely with several international magazines. It’s a bit too early to talk about next year’s projects – we prefer to not spoil the surprise.

 

A:観客があなたのアートワークから奪ってほしいものはありますか?

MF:強さと優雅さは私の作品の特徴です。 古くから、人間は力強く縁起の良い物に囲まれてきました。 マッツィファインアートはこれを反映しており、これまでに100点以上が販売されています。 私のすべてのクライアントは彼らの生活の改善を発見しました。 私の作品は、キャンバスとフレームの関係に基づいて、新世代のアートに取り組む機会を提供します。

A:次は何ですか? 2021年から2022年にかけてのプロジェクトや展示会はありますか?

MF:私たちは常に次に何が起こるかを考えています。 現在、私は新しいマテリアルテクスチャの可能性を模索しています。 2021年6月にギャラリーをオープンし、現在いくつかの国際的な雑誌と緊密に協力しています。 来年のプロジェクトについて話すのは少し時期尚早です。私たちは驚きを台無しにしたくないのです。


Aesthetica: https://aestheticamagazine.com/evoking-the-past/

 

MAZZI FINE ART MEDIA: https://www.mazzifineart.com/media.php?La=J

 





MORE >>