Mazzi Fine Art Blog


<< 2021/No.7/宇宙が創り出す美のサイエンス
2021-02-15
2021/No.9/ラグジュアリーライフマガジン掲載の翻訳:Vivo di Lusso 極上の生活 前編 >>
2021-04-08

2021/No.8/イタリア・ミラノ発のラグジュアリーライフマガジン:Tha Way Magazine 掲載記事の翻訳

2021-02-22 by Maci

 

The Way Magazine -Fine Living                         1

「エレガンスと独占的なトレンドの発見、新品の美しさと贅沢、」

イタリア、ミラノ発のラグジュアリーマガジンにMAZZI FINE ART 掲載されました!

MAZZI FINE ART のマニュフェストと制作の素晴らしさが取り上げられています。

https://www.thewaymagazine.it/luxury/mazzi-fine-art

 

このインタビュー掲載のマガジンは、MFウェブサイトのニュースからも閲覧が可能です。ぜひ、閲覧してみてください。

ウェブサイトwww.mazzifineart.com➡HOME➡カテゴリー:NEWS➡2021-02-04 The Way Magazine


翻訳:

Mazzi Fine Art: dipinto e cornice in un’opera unica Parla Francesco Mazzi dalla sua galleria di Osaka: tele energiche, imponenti e solari la cui esperienza è stata sviluppata in luoghi dall'antica memoria storica.

Natura e creatività coesistono a meraviglia nelle opere di Francesco Mazzi, artista autodidatta di successo italiano residente in Giappone dove dal Febbraio 2020 ha aperto la sua compagnia di arte Mazzi Fine Art. Mazzi ha creato il logo MF e registrato un brevetto internazionale 3D FRAME PUSH UP per presentare le sue opere “fuori dalle cornice”.

Insieme alla sua partner Maki Saegusa in circa un anno e mezzo, dalla sua galleria privata a Osaka, ha venduto oltre 85 pezzi unici in tutto il mondo tra le collezioni Leggende&Miti e Fantasy.

 

MAZZI FINE ART :ユニークな作品の絵画とフレーム、Francesco Mazziは、大阪の彼のギャラリーから語っています。その経験は、古代の歴史的記憶のある場所で開発された、エネルギッシュで印象的で日当たりの良いキャンバスです。

2020年2月からアート会社MAZZI FINE ART を設立、日本とイタリアで制作活動、独学で成功したアーティストである。自然と創造性は、FrancescoMazziの作品に見事に共存しています。MazziはMFブランドロゴを作成し、国際特許3D FRAME PUSHUPを登録、彼の作品を「枠外」で発表しました。

東京、京都、そして、大阪のプライベートギャラリーから、パートナーの三枝真綺と約1年半で、レジェンド&ミーティとファンタジーコレクションの間に85点以上のユニークな作品を世界中で販売しました。

Onosato, a Sennan City, nella prefettura di Osaka, è la sede di Mazzi Fine Art Gallery. Dopo l’esperienza di Tokyo e Kyoto finalmente un luogo in accordo con i principi del brand: una bellissima costruzione che ospiterà la galleria permanente/ufficio/casa nella baia di Osaka.

Francesco Mazzi racconta: “L’uomo sin dall’antichità ha sentito il bisogno di circondarsi di oggetti ‘potenti’ che in qualche modo potessero aiutarlo, credo che sia un bisogno umano, un simbolismo potente, propiziatorio, di buon auspicio. Qui comincia la mia filosofia: creare un’pera, parlarle, ‘crescerla’ e farla maturare in posti della memoria o power spots in modo che possa arricchirsi di  tutta l’energia positiva che il luogo custodisce”.

 

大阪府泉南市の男里は、マッツィファインアートギャラリーの本拠地です。 東京と京都を

体験した後、ついにブランドの原則に従った場所:大阪湾の常設ギャラリー/オフィス/家を収容する美しい建物を日本の本拠地にしました。

フランチェスコ・マッツィは次のように述べています。「古代から、人間は何らかの形で彼を助けることができる「強力な」物体で身を包む必要性を感じてきました。それは人間の必要性であり、強力で、神聖で、縁起の良い象徴であると私は信じています。 ここから私の哲学が始まります。作品を作り、話し、「成長させ」、記憶やパワースポットの場所で成熟させて、その場所が持つすべてのポジティブなエネルギーで豊かにすることができるようにすることです。

 

Come si legge nel blog dove racconta dei suoi viaggi insieme alle sue opere non più bloccate all’interno delle cornici, Mazzi riesce a collegare anche i dipinti ai luoghi della memoria storica. “Crediamo che l’arte abbia una memoria e raggiunga un grado di esperienza come le persone. Ci ispiriamo ai miti e alle leggende per creare oggetti con una memoria e forza propria, ogni opera d’arte è come un pensiero, per arricchire la vita con dei pensieri positivi”.

 

Dopo l’esperienza di Tokyo e Kyoto finalmente il duo ha trovato il luogo giusto, una bellissima costruzione che ospiterà la galleria permanente/ufficio/casa nella baia di Osaka vicino al mare. “Per la ristrutturazione – dice l’artista che intende creare un link con l’ambiente attorno alla location – provvederemo con i migliori materiali a km 0 che troveremo tra le montagne e campagne circostanti”

 

ブログで彼が旅行について語り(彼は作品を旅に連れていきます)、作品がフレーム内にブロックされなくなったことを読んでいるように、マッツィは絵画を歴史的記憶の場所に結び付けることもできます。

「アートには記憶があり、人のような経験に達すると信じています。 私たちは神話や伝説に触発されて、独自の記憶と強さを備えたオブジェクトを作成します。各芸術作品は思考のようなものであり、前向きな思考で人生を豊かにします。」

 

東京と京都を体験した後、彼はついに適切な場所、海の近くの大阪湾に常設のギャラリー/オフィス/家を収容する美しい建物を見つけました。 「リノベーションのために-その場所の周りの環境とのリンクを作成しようとしているアーティストは言います-私たちは周囲の山や田園地帯で見つけることができる0kmで最高の素材(アート作品)を提供します」


“Albero del sole” di Mazzi Fine Art. Pittura a olio su tela di 40x40cm spessore 4,5cm, gesso, paste materiche/strutturanti, vernici a base di resina. Cornice realizzata con legni ultra centenari la finitura prevede una doratura sia a guazzo che a missione (lucido e opaco) che segue il naturale movimento del materiale.

 

マッツィファインアートによる「太陽の木」。40x40cmの帆布、4.5cmの厚さ、石膏、/織り目加工のペースト、樹脂ベースの塗料に油絵の具。 ウルトラセンチュリーウッドで作られたフレームで、仕上げには、素材の自然な動きに追従するガッシュとミッションギルディング(光沢と不透明)の両方が含まれています。

 

「Dragodell’Amiata」、2020年春夏。45.5x37cm、厚さ6cmのキャンバスに油絵、卵殻、石膏、テクスチャ/構造化ペースト、樹脂ベースの塗料。 17世紀の木材で作られたフレームと色あせたバンドの純金メッキ。ミッションフレームは約8 / 10cm。全体のフレームサイズは約57×75cm。

 

La natura è sempre alla base dei concetti delle opere. In “Albero del sole” il simbolo dell`albero, modello universale che unisce la terra e il cielo. C’è raffigurato il sole e i suoi raggi fonte di vita e luce, conoscenza, supremazia e illuminazione. I colori sono oro, arancio e rosso colori caldi stimolanti, l’utilizzo delle varie sfumature crea riflessi propri delle superfici metalliche il tono è luminoso, domina una sensazione di forza ed energia; la composizione gode di rilievi realistici armonizzati a formare la sagoma di un albero. L’opera è fortemente materica, austera, minimale, pensata e sviluppata assieme all’opera del “Drago dell’Amiata“, dove l’artista riproduce le squame di un drago e il concetto di forza e potenza viene amplificato dalla sensazione del poterlo toccare.

 

自然は常に作品のコンセプトの基礎です。 「太陽の木」では、地球と空をつなぐ普遍的なモデルである木のシンボル。 それは太陽とその光線、生命と光の源、知識、覇権と照明を描いています。 色はゴールド、オレンジ、レッドで温かみのある色を刺激し、さまざまな色合いを使用することで金属表面の反射を生み出し、トーンは明るく、強さとエネルギーの感覚が支配的です。 構図には、木の輪郭を形成するために調和したリアルなレリーフがあります。 素材性が高く、厳粛で、ミニマルで、ドラゴンの鱗を再現した「アミアータドラゴン」の作品と合わせて考案・開発された作品で、ドラゴンの肌を触ることができる感覚で力強さの概念が増幅されています。

 

Francesco Mazzi racconta del suo legame con il Paese del Sol Levante così: “Sono cresciuto con gli Anime Generation nipponici degli anni 70/80 e probabilmente  il mio approccio artistico  rispecchia i valori che queste produzioni volevano comunicare. Venivano sempre esaltati amicizia, lealtà, sacrificio e forza. Essendo italiano ma trapiantato da più di 15 anni nel Sol Levante riesco ad armonizzare il meglio del senso estetico delle due culture. Attraverso le mie opere osservando il passato modello il futuro con oro, platino, argento, diamanti, colori a olio rari,cornici storiche ultra centenarie”.

Lo stile della sua arte è completamente originale, ci si trova davanti a opere dal design minimalistico ma con rilievi scultorei e dettagli di colore della grande pittura a olio. Il tutto rivisitato in chiave contemporanea, con l’opera totale dove cornice e tela dialogano e diventano un unicum.

 

Francesco Mazziは、日出ずる国とのつながりについて次のように語っています。「私は70年代/ 80年代の日本のアニメ世代で育ちました。おそらく私の芸術的アプローチは、これらの作品が伝えたかった価値観を反映しています。 友情、忠誠心、献身、そして力は常に高められました。 イタリア人ですが、日出ずる国に15年以上移植されているので、2つの文化の最高の美的感覚を調和させることができます。 過去を観察する私の作品を通して、私は純金、プラチナ、純銀、ダイヤモンド、希少な油絵の具、超百年の歴史的枠組みで未来をモデル化しています。

彼の芸術のスタイルは完全にオリジナルであり、ミニマルなデザインの作品に直面しており、大きな油絵の彫刻的なレリーフと色の詳細に直面しています。 フレームとキャンバスが相互作用して全てが一つになるトータルワークで、すべてが現代的なキーで再考されました。

 

“Drago dell’Amiata”, primavera-estate 2020. Dipinto olio su tela di 45,5x37cm spessore 6cm, gusci d’uovo, intonaco, paste materiche / strutturanti, pitture a base di resina. Cornice realizzata con legni ultracentenari e doratura con fascia sfumata cornice mission 8/10 cm circa dimensioni complessive cornice 57×75 cm circa.

“Bellezza nella tempesta”, inverno 2019/20. Pittura a olio su tela di 50x100cm spessore 4,5cm, colla a caldo,gesso,paste materiche/strutturanti,vernici brillantanti.

「嵐の中の美しさ」、2019/20年冬。 厚さ50x100cm4.5cmのキャンバスに油絵、ホットグルー、石膏、材料/構造化ペースト、光沢塗料。

 

Sono queste opere  energiche, imponenti e solari  la cui esperienza è stata sviluppata in luoghi  dall’antica memoria storica. L’isola di Ventotene, il Tempio di Giove a Terracina e il museo archeologico di Sperlonga sono tutte fonti di questo lavoro, con gli evidenti riferimenti a miti e leggende.

In “Bellezza della tempesta” invece la natura appare sospesa e fragile, ma il messaggio filtra, forza, grazia  e resilienza, un’estetica Wabi-Sabi nella sua transitorietà. Un ruolo ponte tra passato e futuro dove convive il preservare e innovare.

 

これらはエネルギッシュで印象的で日当たりの良い作品であり、その経験は古代の歴史的記憶のある場所で開発されました。 ヴェントテネ島、テラチーナのジュピター神殿、スペルロンガの考古学博物館はすべてこの作品の出典であり、神話や伝説への明らかな言及があります。

一方、「嵐の美しさ」では、自然は浮遊し、壊れやすいように見えますが、メッセージは、強さ、優雅さ、弾力性、その一時的なわびさびの美学を通過します。 保存と革新が共存する過去と未来の架け橋となる役割です。


Francesco Mazzi e Maki Saegusa di Mazzi Fine Art. Della loro arte dicono: “Ogni opera arricchisce la vita con dei pensieri positivi. Crediamo nella semplicità, osservando il passato diamo forma al futuro. Apprezziamo l’artigianato locale e non smettiamo mai di cercare i prodotti migliori”.

 

MAZZI FINE ART のFrancesco MazziとMaki Saegusaは、自分たちのアートについて次のように述べています。「それぞれの作品は、前向きな考えで人生を豊かにします。 私たちは、過去を観察することによって未来を形作る、シンプルさを信じています。 私たちは地元の職人技に感謝し、最高の製品や素材を探すことを決してやめません」。

La finalità di Mazzi è riassunta così: “L’arte arricchisce la vita e la sua ultima funzione è di rendere le persone più felici. Ma c’è anche bisogno di fare da specchio dei tempi. In “Giardino delle streghe” sono ritratti il nostro secolo e il narcisismo che lo pervade. Caratteristiche  dell’opera sono il blu  e il grigio, il tono è scuro elegante impreziosito da rilievi in oro importanti. Domina una sensazione di mistero accentuato dalla contrapposizione quasi ludica delle farfalle, create volutamente con una palette satura, aliena al resto dell’opera. Le farfalle in varie culture simboleggiano le anime o spiriti ma anche la purezza e gioia”.

 

マッツィの目的は次のように要約されています。「アートは人生を豊かにし、その究極の機能は人々を幸せにすることです。」 そして、時代を反映する必要もあります。 「魔女の庭」には、私たちの世紀とそれに浸透するナルシシズムが描かれています。 作品の特徴はブルーとグレーで、トーンは重要なゴールドのレリーフで装飾されたエレガントなダークです。 謎の感覚が支配的であり、蝶のほとんどは遊び心のあるコントラストによって強調され、飽和したパレットで意図的に作成され、他の作品とは異なります。 さまざまな文化の蝶は、魂や精神だけでなく、純粋さと喜びを象徴しています。

“Giardino delle streghe”, autunno 2019. Pittura a olio su tela di 50x50cm spessore 3.8, colla a caldo,gesso,paste materiche/strutturanti,oro 24k,vernici a base di resina.

 

「魔女の庭」、2019年秋。厚さ50x50cmのキャンバスに油絵3.8、ホットグルー、石膏、材料/構造用ペースト、24kゴールド、樹脂ベースの塗料。

 

エレガンスと新しい美しさ、記憶(ストーリー)とパワーを持つラグジュアリーアート

MAZZI FINE ART®



0 コメント :




コメントを書く :
お名前
コメント
コード



<< 2021/No.7/宇宙が創り出す美のサイエンス
2021-02-15
2021/No.9/ラグジュアリーライフマガジン掲載の翻訳:Vivo di Lusso 極上の生活 前編 >>
2021-04-08