Mazzi Fine Art Blog


<< 2022/No.1/国際現代美術年鑑 2022
2022-03-27

2022/No.2/Arte 5月号2022:翻訳

2022-05-05 by Maci

イタリアで最も歴史が長いアートマガジン『Arte』2022年5月号にて、

FRANCESCO MAZZI

japanese beauty

イタリア巡回展三部作の情報が発表されました!

 

歴史的芸術の中心部であるイタリアの重要都市を巡る、MAZZI FINE ARTイタリア巡回展三部作

 

Mazzi è un orafo della pittura, un miniaturista della materia e del colore dalla grandissima sensibilità tecnica e formale, un arcaico tipo d’artigiano-artista sbalzato, come per un bizzarro gioco del destino, nell’era contemporanea.
フランチェスコ・マッツィは絵画の金細工職人であり、技術的および形式的な感性に優れた物質と色のミニチュアリストであり、奇妙な運命のゲームのように現代に投げ込まれた古風なタイプの職人芸術家です。

Le sue opere, curate fin nel minimo dettaglio con materiali rari, legni pregiati, pigmenti, metalli preziosi, foglie d’oro, paste e colori realizzati a mano, sono minuziosamente decorate e rifinite come misteriosi oggetti devozionali:
彼の作品は、希少な素材、貴重な木材、顔料、貴金属、金箔、手作りのペーストと色で、細部まで処理され、細心の注意を払って装飾され、神秘的な献身的なオブジェクトとして仕上げられています。

preziosi e rari scrigni di una bellezza solo apparentemente anacronistica, gli oggetti d’arte di questo monaco della pittura appaiono, oggi, come capsule di un tempo che, nella felice incongruenza di una bellezza ritrovata miracolosamente intatta nel secolo della negazione d’ogni canone, torna a sedurre con la grazia di una ricerca che sembra voler ostinatamente sfidare lo scorrere del tempo, delle tendenze, delle mode.
明らかに時代錯誤的な(過去の遺物的な)美しさの貴重で珍しい宝箱、この絵画の僧侶の芸術品は、今日、過去のカプセルとして現れます。すべてのカノンの否定の世紀に奇跡的に無傷で発見された美しさの幸せな違和感の中で、それは時間の経過、トレンド、ファッションに頑固に挑戦したいと思われる検索の優雅さで誘惑に戻ります。

VITTORIO SGARBI

ヴィットリオ・スガルビ

 

FRANCESCO MAZZI

japanese beauty

Trilogia Italiana

Bologna-Cividale del Friuli-Firenze

三部作 イタリア巡回展 2022年5月~2023年1月

ボローニャ~チビダレ・デル・フリウリ~フィレンツェ

 

日程:

13 maggio - 1 giugno 2022(5月13日~6月1日)

BOLOGNA - Dueunodue Spazi Espositivi (ボローニャ - デュエウノデュエショールーム)

via Galliera, 2/B

 

1 - 20 luglio 2022(7月1日~20日)

CIVIDALE DEL FRIULI - Monastero di Santa Maria in Valle (チビダレ・デル・フリウリ - サンタ・マリア・イン・ヴァッレ聖堂)

via Monastero Maggiore, 38

 

14 - 26 gennaio 2023(2023年1月14日~26日)

FIRENZE - Casa di Dante (フィレンツェ ‐ ダンテの家ミュージアム)

Società delle Belle Arti - Circolo degli Artisti

via Santa Margherita, 1/R

 

ideazione progetto itinerante e curatela

巡回展プロジェクトの設計とキュレーターシップ

GIANCARLO BONOMO(ジャンカルロ・ボノモ)

RAFFAELLA FERRARI(ラファエラ・フェラーリ)

 

Con il patrocinio di

後援:COMUNE DI FIRENZE (フィレンツェ市)

   Città di Cividale del Friuli (チビダレ・デル・フリウリ市)

In collaborazione con

協力:ECLIPSIS (eclipsis.art)

        CASA DI DANTE (ダンテの家ミュージアム)

        Club per l'UNESCO di Udine (ウディネユネスコクラブ)

   Auxilia FOUNDATION (auxilia財団)

   Dueunodue Spazi Espositivi (ボローニャ - デュエウノデュエ212ショールーム)

        ARTE FIERA/ART CITY BOLOGNA/WHITE NIGHT (ボローニャ市/アートフェアボローニャ/ホワイトナイト)

 

     

ART CITY WHITE NIGHTは、毎年土曜日の夜、 ボローニャアートフェアの終了直後、何万人もの愛好家が、最も多様なタイプのパブリックスペースとプライベートスペースで開催されるあらゆる種類のイベントから選択できます。 実際、ART CITY WHITE NIGHTの特徴は、ギャラリーや美術館だけでなく、クラブ、ショップ、バー、カフェなどでもアートを提供、ボローニャがアートシティになります。任命は2022年5月14日土曜日です。

イベントの完全なプログラムは、アートシティ・ボローニャからスタート、ウディネの世界遺産サンタ・マリア・イン・ヴァッレ聖堂を経て、偉大なる芸術の発祥の地フィレンツェのダンテの家ミュージアムに続きます。

素晴らしい後援と協力と共に、MAZZI FINE ARTイタリア巡回展が開催されます。

『カノンの否定の世紀に奇跡的に無傷で発見された美しさ』と称されたFRANCESCO MAZZIが創作する作品を、日本の皆様もお見逃しなく‼MAZZI FINE ARTを追い続けてください。

 

 



0 コメント :




コメントを書く :
お名前
コメント
コード



<< 2022/No.1/国際現代美術年鑑 2022
2022-03-27