Mazzi Fine Art Blog


Amore di Pigna(愛の松)

2021-07-29 by Maci

Amore di Pigna(愛の松)

植物学:

針葉樹は、落葉樹が出現するずっと前に地球上で繁栄した原生林の直系の子孫である最古の植物科の1つとして記録を保持しています。 松は、それが育つ土壌に応じて、最大30メートルの高さに達することができ、600歳に達することができる木です。 その長い直根はそれが強風に耐えることを可能にします。

 

自然林では、松はかなりまばらに成長し、光が地面に浸透して到達することを可能にし、光と魔法の深さのビームを作成します。

針葉樹科の松は、氷河期の終わりの北方時代に優勢な種であったと考えられています。

 

松の葉はペアで成長し、これは、単一の葉が枝に沿ってらせん状に配置されているイチイとモミとは異なります。そしてカラマツから、その葉は房で成長します。

 

若い松が成長するにつれて、それらの下の枝は落ちて、枝、針、松ぼっくりで覆われた特徴的なまっすぐな裸の幹を生み出します。

松が開放的で明るい空間にある場合、20年後に繁殖を開始します。一方、湿地や他の多くの木々に囲まれている場合は、樹齢40年になるまで繁殖を開始します。

 

松はしばしば白樺と一緒に成長するのが好きです。両方の木はキノコも、キツネやリスなどの多くの野生動物や鳥に餌や避難所を提供して松は仲間を楽しんでいます。

 

そして、松果体は、メラトニンホルモンの産生のおかげで私たちの体の睡眠と覚醒のサイクルを調節し、光と闇の刺激に反応します。 東洋の哲学によれば、松果体は私たちの7番目のチャクラに接続されています。これは、私たちをコスモス(宇宙)とそのリズムに接続する、頭のてっぺんに開くチャクラです。

 

松は土星のエネルギーによって支配されています。土星は物事の原型を表しており、それを含み、調整し、形と構造を与え、支えるエネルギーを特徴しています。

神話と歴史:

ギリシャ神話では、松はアッティスが変身した木であり、《アッティス:植物の成長を司る神、植物の枯死と復活を象徴する神格。 女神キュベレー:(大地母神)に愛された美少年神。》

ギリシャ神話の世界で最も解読が複雑な物語の1つであり、最も強力な女神キュベレーとともに主人公の物語です。

 

古代人は、《女神キュベレー:大地母神》と《アッティス:植物の成長を司る神》の間にある愛のエネルギーについて崇拝をしていました。

 

その神話は非常に古く、地球創生の原始的な動きを表しており、神が女性、偉大な母なる地球であった時代にまでさかのぼります。

 

 

ゼウスが眠っている間に地球に落された種で受精した石から、女神キュベレーは誕生します。

女神キュベレーは大地母神であり、数々の木を産み、アーモンドの木やザクロの木を地球から発芽させました。

ナナという娘は、そのアーモンドや熟したザクロを食べ、アッティスを妊娠しました。

 

 

アッティスは成長して、とても美しい少年となり、女神キュベレーは彼に恋をしました。しかし、その愛は、母親の子供に対する不滅の愛の様に、規則を超えた愛の試練です。

女神キュベレーが産んだアーモンドやザクロから誕生したアッティス、母なる地球と植物神の愛

アッティスは試練の愛の中、松の木の下で死を迎えます。

女神キュベレーは必死になって彼を復活させようとしますが、ゼウスは反対し、アッティスは常に緑色で腐敗しない、不滅の象徴の松の木となりました。

宇宙の誕生につながった愛の原始的な衝動にリンクされたエネルギー。

この神話は、地球の自然環境は雌雄同体から始まり、死と再生を経て進化して来たことを示し、それが母なる地球と植物、男性と女性の異なる結合を生み出した物語に関連していることを示しています。

 

松は実際には雌雄同体の木であり、地球上に存在する最も古い種の1つです。

古代人がそれを、恋人になった母と子の間の愛の象徴として、極端な犠牲、死によってのみ壊し再生することができるサイクル、

それは不滅の生命のサイクルを生み出します。

 

松の背景にはこれらの壮大なエネルギーがあります。

 

そして、宇宙進化論の形を表しています。

私たち一人一人に存在する男性と女性の原則の永遠の再結合と愛情を表し、内側から生じる創造への魅力的な衝動の神聖な物語の一部を読むことができます。そして、生まれるためには、私たちの一部を犠牲にして、別の形で私たちを再び再生(復活)させる必要があります。

 

この物語のリズムはスパイラルを彷彿とさせ、《宇宙に向かって際立つ幹》と《地球の深部に浸透する直根を備えた松》、強力で物事の原始の力のシンボルであり、原始(宇宙)の本質を記憶している松の木。

松の生物学的循環はゆっくりとした惑星のリズムに従い、その枝には数世代の松果体が並んで住み、宇宙の情報を染み込ませています。


松のエネルギー:

松の声を聴くことは重要です。それは地球と宇宙をつなぐ美しく長い光の叫びのようなものです。

古代の記憶と原始からの声。

 

原始的な形で表現された松:地球環境創生の原型をよく表しています。これは、宇宙と私たち一人一人の起源にあるプロセスの象徴です。

松は不滅の愛であり、これは、それがどのカテゴリーにも分類されないほど純粋な愛の形、規則を超えた愛、死とすべてを超える神と創造物の間の識別を意味します。松はまた、愛の起源での涙の痛みを思い出し、それを浄化し、何十億年もの間宇宙を横断してきた非常に古いアカシックのメッセージによって知らされた、集合された光のような透明な樹脂を蒸留します。

 

松が放出するエネルギーは非常に強く、原始的です。それは私たちを私たちの内に広く開かれた宇宙の距離に接続し、私たちの女性と男性の部分の間の二重性を克服し、私たちの心の中に私たちの母と父を見つけ、私たちの両親は私たち自身であることに気づきます。自分の子供、そして恋人たち。宇宙の進化のダンスは私たちを千の方向に投げ、火の火花のように私たちは分離し、次に再び会い、単一の炎の一部に戻ります。

魂の目で松を観察することは、原始的なエネルギーがどのように表現されているかを私たちに示しています。

その巨大な力は、針、松ぼっくり、樹皮などの正確な形状を作り出すために運ばれ、封じ込められています。樹脂は精製された原始エネルギーであり、膨張の欲求と封じ込めの原理との間の摩擦から生まれた火によって最大の力に引き上げられます。

これは実際、すべての創造的な行為の性質であり、松は私たちに活気に満ちた光を染み込ませた形を見せてくれます。

 

アーティスト:Francesco Mazzi が創作した『Amore di pigna(松の愛)』その物語が劇的に表された傑作です。

 

 


Amore di pigna(松の愛)
"The Connection Between Love and Art"(愛と芸術の繋がり)

MAZZI FINE ART

 





I Frutti del Sole(太陽の果実)

2021-07-25 by Maci

I Frutti del Sole(太陽の果実)

オリーブの木の歴史
オリーブの木の起源は明確に定義されていませんが、植物は6000年以上前にさかのぼると考えられています。ヨーロッパでは、バビロニア人とフェニキア人の時代に普及を始め、ギリシャ人とローマ人で最大の威信を獲得しました。スペインの船で1500年にアメリカに輸出され、今日では世界中で栽培されています。

フェニキア人の時代、オリーブの木の栽培は、エジプトとメソポタミアからの大きな需要のために、地中海の人々に大きな経済的および商業的繁栄をもたらしました。ローマ時代には、その価値の高さから「グリーンゴールド」と改名され、加工技術の向上により生産量が大幅に増加しました。

オリーブは非常に珍しい植物になり、神からの贈り物である伝説と神話に運命づけられ、オリーブは地中海の文化と貿易にとって最も重要な要素の1つになりました。


伝説
オリーブの木は、多くの古代の人々によって神聖であると考えられて来ました。長命で何世紀も前の植物です。このため、多くの伝説がオリーブついて長い間受け継がれてきました。最も有名なものの1つはギリシャの起源を持ち、オリーブの誕生に関係しています。

 

ある日、アテナとポセイドンはアッティカ(現:アテネ)を手に入れようと競争をしました。その競争に、神々の父であるゼウスが介入し、「アテナとポセイドンのどちらが最も地球と人類に利益をもたらすことができるか?その有用な贈り物を知る権利があります。」と雷鳴しました。


ポセイドンは海の泡でトライデントを打ち、競争に勝つために最も速く走る馬を創りました。

 

一方、アテナは地面で槍を打ち、最初のオリーブの木である地球からの美しい木を産みました。素晴らしい植物は夜を照らし、傷を癒し、病気を治し、また貴重な栄養を提供し、それを栽培するすべての人々に幸福と平和を与えました。

ゼウスはこれを選び、オリーブの銀の葉を祝福し、次のように述べました。「この植物は、私の娘、あなたがアテネと呼ぶ新しい都市を保護します。あなたは人類にオリーブの木、平和の永遠の象徴を与えました。」

その日からアテナはアテネの街の女神になりました。

 

 

ギリシャ人にとって、オリーブ油は神々のネクター(果実をすり潰して作られる果汁)と見なされ、エジプト人にとっては、女神イシス(豊穣の女神)からの贈り物であり、聖書では、オリーブ油は神と人との間の平和の象徴として言及されています。これは、この植物が古くからどれほど重要であったかを強調しています。

今日のオリーブの木の重要性
時が経つにつれ、オリーブ油の生産は大きく進化し、今日では地中海式食事の必須の調味料と見なされています。イタリアの風景には常にたくさんのオリーブの木があり、イタリアでは毎日食用されます。

それは、生命の源であり、神からの贈り物であり、太陽の果実とも呼ばれています。

 

オリーブの木は神性であり、尊重されなければなりません。

アーティストはオリーブの歴史的な重要性と神性さを見事なアートへと昇華させました。


この輝きを是非とも、見に来てください。

 

I Frutti del Sole(太陽の果実)

"True Sun's Gifts"(真の太陽の贈り物)

 

MAZZI FINE ART

 





2021/No.16/I Colori della Bellezza(美しさの色)

2021-07-24 by Maci

 

I Colori della Bellezza(美しさの色)

 

5つの蝶: 幸福、再生、情熱、真実、悟りを意味する青、緑、赤、銀、紫

人生のカップルのように2本の桜の枝が伴い、自然の美しさと優雅さへの接続を与えます。

 

サクラは、古来、神霊の依る花であるとともに、山の霊の依代、奇跡を生んだ聖なる木など、崇敬の対象となってきました。

 

●桜の神話伝説
桜姫:天照大神の天孫、天津日高日子番能邇邇藝能命(アマツヒタカヒコハノニニギノミコト)の太后として、木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)

木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)とは、日本神話に登場する女神です。非常に美しく桜の花の名の語源ともいわれています。

また作者不明ではあるものの、平安時代の初期につくられたとされる「竹取物語」のかぐや姫のモデルだとも伝わっています。

桜の美しさとコノハナサクヤヒメの美貌、

桜は、美しい女神、コノハナサクヤヒメの化身、
コノハナサクヤヒメには、美しいだけでない、強さを伝えてくれる伝説が残っています。

それは、真実を証明するために、燃えさかる炎の中で出産したという伝説です!

神話では、日向に降臨した天照大御神の孫・ニニギノミコトと、笠沙の岬で出逢い求婚されます。(天孫降臨を参照)

コノハナサクヤヒメは子どもを一夜で身篭った為に、夫であるニニギノミコトは自分の子ではなく国津神の子ではないかと疑った。


その疑いを晴らすため、コノハナサクヤヒメは
「ニニギの本当の子どもであれば、何があっても無事に産まれてくる」
と誓約をし、産屋に火を放って、その中で無事に

火照命・火須勢理命・火遠理命という三柱の子を産みました。(火中出産を参照)。火遠理命の孫が初代天皇の神武天皇である。

『古事記』では本名を神阿多都比売(かむあたつひめ)、この名義は「神聖な、阿多の女性(巫女)」とされ、別名を木花之佐久夜毘売(このはなのさくやびめ)とも表記される。木花之佐久夜毘売の神名の「木花」は「桜の花」、「之」は格助詞、「佐久」は「咲く」、「夜」は間投助詞、「毘売」は「女性」と解し、名義は「桜の花の咲くように咲き栄える女性」と考えられる。

なお桜は神木であり、その花の咲き散る生態によって年穀を占う木と信じられています。


「咲く」「散る」共に美しさを放つ桜の花、魂を象徴する蝶々、コノハナサクヤヒメが証明した真実の強さ、

アーティストのテクニックと感性によって伝説と神話が芸術へと昇華しました。




I Colori della Bellezza(美しさの色)

"The Spirit of True Feeling" (真実の想いの精神)

 

MAZZI FINE ART

 





2021/No.15/Pelle di Drago (ドラゴンスキン 龍神)

2021-06-18 by Maci

 

Pelle di Drago (ドラゴンスキン 龍神)

 

龍神とは、日本神話の海の神。龍宮に住むと伝えられる龍。水神や海神として各地で祀られています。

 

『古事記』は海神(わたつみ、わたのかみ)、海神豊玉彦(わたつみとよたまひこ)などの表記で書かれています。

「ワタ」は海の古語、「ツ」は「の」を表す上代語の格助詞、「ミ」は神霊の意であるので、「ワタツミ」は「海の神霊」という意味になります。

日本神話に最初に登場する海神(わたつみ)は、神産みの段で伊邪那岐命(いざなぎ)・伊邪那美命(いざなみ)二神の間に生まれ、海の主宰神となりました。

MAZZI FINE ART ニューコレクション2021のドラゴンスキンは、海神(わたつみ)=海神=龍神 を表しています。

そこからコネクションする「海のドラゴン」:(BLOG 2021/ No.14で紹介)は、海神(わたつみ)=海神=龍神の娘である豊玉姫(トヨタマヒメ命)に触発されて誕生した作品、

両作品は、日本人にとって守護神ともなるパワーオブジェクトの芸術作品であることは確かだと思います。

 

 

アーティストは龍神(ドラゴン)を姿形で描くのではなく、ドラゴンの肌を表現する事で観察者にドラゴンの神秘を思い起こさせます。

この様な独自の強く新しいスタイルは、アーティスト:Francesco Mazziの豊かな経験からの熟練のスキルがあるからこそ可能になる「折衷の稀な才能」から生まれています。

 

折衷(せっちゅう)とは、相異なる哲学・思想体系のうちから真理、あるいは長所と思われるものを抽出し、調和させて新しい体系を作り出すこと。

 

多くの思想や文化で混沌とする現世の中で「折衷の才能」からうまれる芸術作品は、人々に多くの新しい感銘を与えるでしょう。



その作品の輝きを目にすれば、本当に、海神(わたつみ)=海神=龍神 の肌に触れている感動を覚えます。

 

Pelle di Drago:ドラゴンスキン(龍神)

Metamorphosis of Texture and Colors
(テクスチャと色の変容)

 

MAZZI FINE ART

 





2021/No.14/Drago di Mare(海のドラゴン)

2021-06-17 by Maci

 

Drago di Mare (海のドラゴン)

MAZZI FINE ART ニューコレクション「海のドラゴン」は、日本神話の豊玉姫(トヨタマヒメ命)に触発されて誕生した作品です。

 

トヨタマヒメ命は、海の神の娘です。

『古事記』では豊玉毘売、豊玉毘売命、『日本書紀』では豊玉姫と表記され、神名の意味は、姿形の麗しい女性を表すものです。

「豊」は「豊かな」、「玉」を「玉(魂)」と解し、名義は「豊かな玉に神霊が宿る巫女」とも考えられています。

 

神話でトヨタマヒメ命は、龍宮に住むとされています。龍宮というのは豊かさや富の源泉の他次元界、

その龍宮にやってきた山幸彦と結婚して子どもをもうけます。

この結婚によりトヨタマヒメ命は、海の神の霊力と山幸彦の持つ本質的な山の神の霊力とを媒介する役割を果たして国の王となる資格をも獲得します。

それによってトヨタマヒメ命は、富と権力、福を招いて出世を約束する女神、福の神、

海の神の霊力を持つ祈雨の神、水の神、海の神、

縁結びの神、子孫繁栄という力を備えていることから聖母神、とも考えられ崇拝されています。

 

トヨタマヒメ命の、真の姿は八尋の大和邇(やひろのおおわに)=海の龍(ドラゴン)

神話や伝説では、他次元界に住まう神秘的な生き物が人間を悪霊から守っています。

日本神話だけでなく、ギリシャ神話、シュメール神話、東洋と西洋、いずれにもドラゴンの神話や伝説が語られています。


「ドラゴン」という用語はラテン語のドラコに由来し、ラテン語のドラコはギリシャ語のドラコンに由来し、ヘビを意味します。

 

バビロニアのシュメール神話では、ドラゴンを女神-ヘビ-水で説明することができます。最古の女性神、ヘビの頭の女神の発達を区別する要素です。 宇宙の創造主であるシュメール神話の女神ナンムは水のドラゴンの力を表しており、

「エルメスはこう書いています。ドラゴンは太陽と月、 片方だけでなく、同時に両方から、命を得ています。これは、太陽や月と結合する必要があることを意味します。つまり、 ドラゴンは魂と精神を持った体から抽出された生きた水の女神です。」

「私たちの水のドラゴンは、結合した月と太陽によってのみ触れることができます。」

 

錬金術師(金属に限らず様々な物質や、人間の肉体や魂をも対象としてそれらをより完全な存在に錬成する試みを指す。)

が秘密を守るために使用するコード言語。その中では、ドラゴンが主導的な役割を果たしていることが理解されています。

神話上の生き物、伝説の生き物、おとぎ話の怪物。しかし、象徴的な価値を超えて、ドラゴンのような神秘的な生き物が過去の霧の中に実際に存在したということを疑う必要はありません。

 

ドラゴンを感じてみてください。

 

アーティストはまるで錬金術師の様に素材と色合いを支配して海のドラゴンの肌を創作していきます。

海のドラゴン、その美しい肌、ドラゴンの神秘とパワーに触れることが出来る作品です。

 

その輝きは、真に豊玉姫(海のドラゴン)が存在している様です。

 



 

Drago di Mare(海のドラゴン)

A Wild Jewel is Born

(野生の宝石が誕生)

 

MAZZI FINE ART

 

 





MORE >>