Mazzi Fine Art Blog


芸術はサイエンス 2021 No.4

2021-01-14 by Maci

 

Onda gravitazionale

(重力波)

MAZZI FINE ART 2019

La Grande Botta (ビッグバン)

キャンバスサイズ:50cm×60cm

フレームサイズ:64cm×74cm


重力波は、うねりのある特性で伝播する時空の摂動です。
これは1916年に一般相対性理論で予測されました。

アインシュタインの場の方程式(線形化)は、電磁場に関するマクスウェルの方程式で起こるように、計量テンソルの波動解を認めます。したがって、重力波はあらゆる点で放射の一種です。

重力波は、重力場内の3次元の湾曲した空間の点間の距離を通過し、リズミカルに膨張します。


特定の強度の波面は、超新星爆発や巨大な物体の衝突などで、巨大な質量が突然(そしてゼロでない四重極モーメントで)分布を変化させる宇宙現象によって生成される可能性があります。


いくつかの重力波検出器がありますが、いくつかのケースでは、実験データを明確に解釈することが可能となりました。最初の重要なイベントは2016年2月11日にLIGO / VIRGOのコラボレーションによって発表され、2015年9月に2つのブラックホールの衝突によって引き起こされる重力波を測定しました!
重力波の存在の実験的検証は、一般相対性理論のさらに別の確認を提供し、天体物理学分野での研究の新たな展望を開きました。


ブラックホールに食われた謎の天体の重力波をキャッチ

(THE WORLD NEWSより)

 


LIGOとVIRGO(イタリアのピサ近郊にある研究所)は、

ブラックホールと中性子星の間の衝突に起因すると考えられていた異常な重力波を捕獲しました!

それは、これまでに記録されたことのない本当に例外的な現象です。

しかし、約1年後、イベントの特性を徹底的に調査した後、科学者たちはそれがさらに特別で、

いくつかの基本的な概念を書き直すことができるという結論に達しました。

 

 

 

慎重に計算した結果、2つのうち大きいほうが約23倍の太陽質量のブラックホールであり、

未知の性質を持つ2番目は2.6倍の太陽質量の天体であることが判明しました。

ここに驚くべき発見があります。

今日まで、実際、

中性子星は(あまりにも大規模ではない星の「死」に由来する)太陽の2.5倍を超えない質量で識別されていますが、

ブラックホール(大きな星)は、5つの太陽質量よりも小さい「標本」は識別されませんでした。

科学者の間では、2.5倍から5倍の太陽質量の範囲は「質量ギャップ」と呼ばれ、長年、天体物理学の謎のままでした。

 


衝突に関与する物体は質量ギャップの範囲に正確に収まるため、科学者は、関与する天体がこれまでに観測された中で最も重い中性子星であるか、または最小のブラックホールであるかを知りません。

しかし、謎のオブジェクトは新しい記録を樹立し、それはまた「質量ギャップ」の意味を消し去る可能性があります。

 


「私たちはこの謎を解くのに数十年待ちました。 この天体が今日知られている中で最も重い中性子星なのか、それとも最軽量のブラックホールなのかはわかりませんが、どちらの場合も記録を立てています」

と、ノースウェスタン大学のVicky Kalogera教授は述べています。

 


重力波を検出した直後に、LIGOとVIRGO(後者はピサ県のイタリアにある)の科学者は世界中の同僚に、地球と宇宙の望遠鏡を現象の原因に向けるようにアドバイスしました。影響の明るい痕跡を見つけるため。

しかし、何も検出されませんでした。

この点については、さまざまな仮説があります。

1つ目は、地球から約8億光年の距離で発生したと仮定すると、光信号を取得するには遠方で発生したイベントです。

2つ目は、最小のオブジェクトは中性子星であり、ブラックホールが一口でそれを食い尽くし、光を生成しなかったことです。 「パックマンが小さな点を食べるのを思い出します」とカロゲーラ教授は冗談を言いました。

3番目の最後の仮説は、両方の主人公がブラックホールだったため、「衝突」によって光が生成されなかったというものです。


2つの物体の融合により、約25個の太陽岩のブラックホールが発生し、残りの部分は干渉計で検出された重力波によって放出されました。研究者たちは、2019年8月14日のようなさらなるイベントを傍受し、関係するオブジェクトの正確な性質をより完全に理解することを期待して、LIGOとVIRGOを完成させ続けます。

研究の詳細「GW190814:2.6太陽質量コンパクトオブジェクトを含む23太陽質量ブラックホールの合体からの重力波」は、専門の科学誌The Astrophysical Journal Lettersに掲載されました。もちろん、この素晴らしい研究はノーベル賞の受賞になりました!

 

しかし、これは真実の序章です。宇宙の仕組み、宇宙の真実は、遥かに桁違いの高次元テクノロジーが機能しています。

それを更に解明する為に、日々研究と取り組みをしている素晴らしい人々がいます。

私自身も思念のエネルギーや宇宙のシステムを研究し続けて20年、その使命はより加速して邁進していきます。

皆様もぜひ、宇宙に生きる生命体の一員として人生の価値を再度、考えてみてください。

 


"GRAVITATIONAL WAVE"

 

"BLACK HOLE"

 

"SPACE TIME"

 


この作品には、"重力波" "ブラックホール" "宇宙の時間" があります。皆さんはそれを見つけられますか⁈

素晴らしいアート作品は、サイエンスと同じです。キャンバスの上に創造されるアーティストの思念の形成、それは、知識と経験の総合、それは、見る人々の心に何かを引き起こします。それは、素晴らしいサイエンスです。

 

3D Push-up Frame(実用新案登録)

MAZZI FINE ART®

 

 

 

 





新しい知性の領域を知る 2021 No.3

2021-01-13 by Maci

 

人類の進化について真剣に考える

 

未知なる新しい知性の領域には、多くの新しい真実が隠されています。

それを理解する事は、今後の人類の進化にとって非常に重要な事になります。

もし、生命体は進化をしなければ、退化しかありません。

常に、進化の方向に意識を向ける事は非常に重要です。

 

そして、人類の進化は、今後、最も重大なテーマになります。

 


人類の進化に最も重要になる要素をご報告します。

これは、マールの宇宙学セミナーでもお伝えしてきた内容であり、そして、イタリアにおける素晴らしい研究の報告でもあります。

 


「異常に神秘的な宇宙物体とブラックホールの融合による新しい重力波」

 


2019年8月14日に重力波から地球に到達した信号は、約8億年前にブラックホールと結合した異常な質量を持つ神秘的な物体を示しています。信号はヨーロッパ重力観測所にある「Advanced Virgo(ヴィルゴ)」検出器によって地上で捕捉されました。

 

一般相対性理論によって予測される重力波を検出するために設計された大型マイケルソン干渉計。外部の妨害から隔離するため、ミラーと装置は吊り下げられ、レーザー光線は真空中で操作されます。長さ3 キロメートルの2本のアームの検出器。

 

Virgoは、地球からおとめ座の方向約5000万年の距離にあり、約1,500個の銀河からなるおとめ座銀河団にちなんで命名されました。地上には検出可能な信号を出すほど強力な重力波の重力波源がないため、Virgoは必ず宇宙からの重力波を観測することとなります。検出器の感度が高ければ高いほど、重力波をより遠くまで観ることが可能になります。

 

 

Virgo(ヴィルゴ)は、イタリアのピサ近郊のサントステファノ・ア・マセラータに位置しているます。


Virgo(ヴィルゴ)は、イタリア、フランス、オランダ、ポーランド、ハンガリー、スペインの6か国の研究所による科学的コラボレーションの一部であり、米国国立物理学研究所「Advanced Ligo(ライゴ)」がある米国と協力しています。

 

Virgoの第一の目標は、アルバートアインシュタインの一般相対性理論から予測される重力波を直接観測することです。

重力波を発見するという第一の目標を達成した後は、長期的には、現在の望遠鏡や検出器とは異なる、補完的な視点で宇宙を観測することによって、天文学の新しい分野の誕生の一翼を担うことを目指しています。

 

それが可能になれば、人類の認知領域はより高度になるため、人類のシステムは大きく進化していくことになります。

 

そして、既に、第一目標は達成されました!皆様、その事実をもっと重要視してください。

これからは、重力波の時代に移行します。重力波は光の速度を超える性質を持ちます。それならば、人類の思考ももっと速度を上げて、高度な頭脳に進化しなければなりません!

 

しかし、残念ながら、一般的に人間は、思考について、判断や理解が遅すぎます。もはや、進化には手遅れの状態に近いでしょう。本当に残念です。一般的に人間の宇宙頭脳は痴呆症の様な状態です。そして、それを誰が指摘出来ますか?その痴呆は進む一方です。事実、大半が本気で進化しようと考えていません。

 

何の情熱もなく、汗もなく、チャレンジもなく、退化又は、同じ思考を繰り返し続ける一方であり、その知性の人間になんの価値があると思いますか?人間はその乏しい知性で物事を判断して地球を限界に追い込んでいます。

 

そして、大半の人々は、スピリット(精神や魂)を使用すること、スピリット(精神や魂)を養う時間や価値を失っています。

それは、多くの人々の思考を鈍感にさせます。

 

人間の頭脳の進化が遅くても、もう重力波の時代が到来しています。それに向けて、先見の知性を持ち、進化へと確実に準備を行っている人々もいます。本当に尊敬すべき取り組みをしている人々がいます。そこに意識を向けて、新しい知性の領域を共有してください。

 

(ここがVirgo!2020年夏から現在、コロナの状況にて厳重に特別な研究員しか敷地内に入ることは出来ません。)

 

科学者はなぜ驚いたのですか?

この宇宙の天体は太陽の2.6倍に相当する異常な質量を持っているため、太陽の質量の23倍を超える質量のブラックホールと結合し、その結果、質量が約25倍のブラックホールが形成されました。

 


このイベントのもう1つの特徴は、2つの天体物理学上の天体の質量の関係です。これまでに観測されたことはありません。一方は他方の約9倍重いです。 これらの新しいクラスのイベントの暴露は、理論モデルと分析ツールを限界まで押し上げます。 この奇妙な融合に関連する信号は、3つの検出器によって明確に明らかになりました。

互いに離れた異なる検出器への信号の到着時間の遅延のおかげで(2つの検出器は、ルシアナ州のLigo、 イタリアのVirgo)、共同研究者たちは波の発生源を約19平方度の領域内に配置することができました。

 

(Rosa Blu(青いバラ)、深いブルーの中で輝く純金の波紋は、宇宙を動かす愛の重力波を表しています。

その中には、たくさんのダイヤモンドが輝きます。)

 

重力波

ブラックホールに飲み込まれた中性子星によって生成された可能性がある新しい信号:これまでにないイベント

 


「もう一度、重力波の観測は宇宙の未知の側面に光を当てるのに貢献します。」

「このバイナリシステムの最も軽い物体は、これまでに観測されていない質量を持っています」

 

これは実際、最も重い中性子星の質量とこれまでに観測された最も軽いブラックホールの質量の中間の質量です。

宇宙物理学者が質量ギャップと呼ぶ灰色の領域を構成する間隔であり、長い間、本当のパズルでした。

長い間、2.5倍から5倍の太陽質量の範囲の質量を持つコンパクトオブジェクトの観測の欠如は、

天体物理学者を当惑させてきました。

 


この神秘的な「灰色の領域」は、ブラックホールには明らかに軽すぎ、中性子星には重すぎる範囲の質量です。

非常に重い星が核燃料を使い果たして超新星として爆発するとき、中性子星とブラックホールの両方が形成されます。

何が残っているかは、星のコアの何が残っているかに依存します。

軽い核は中性子星を形成する傾向があり、重い核はブラックホールに崩壊します。

 


質量ギャップが実際に存在するかのか?

そして、

なぜそれが長い間科学者にとって謎であったのかを理解することが重要です。

 

LigoとVirgoの観測所の研究者が信号を受信するとすぐに、世界中の天文学者に警告し、地上と空間の両方の多くの望遠鏡が信号の発生源の領域に向けられて、他のタイプの信号で空のその部分を観察しました。

まず第一に可視光です。しかし、おそらくイベントが遠くで発生したため、および小さな物体が中性子星であった場合、ブラックホールは9倍も大きいため、光を放出せずに「一口でそれを飲み込んだ」でしょう。

いわゆるマルチメッセージ天文学を生み出した2017年8月に明らかになった2つの中性子星の有名な融合とは異なり、

誰も信号を収集していませんでした。

 

(長さ3 キロメートルの2本のアームの検出器の上の「Rosa Blu」)

(宇宙の愛"重力波"と"アート"の美しいコラボレーションを実現)

 

宇宙の革命:物理学者:「アインシュタインの方程式を形作った」ブラックホールの最初の写真の発見は天体物理学者にとって挑戦であり、宇宙の歴史とその進化についてほとんどが知られていないことを示しています。

いくつかの回答は、VirgoとLigoの2つの検出器から得られる可能性があります。

これらは、「まもなく彼らの改善プログラムの新しい段階に入り、ますます多くの情報源を観察することを可能にするでしょう。強化された干渉計ネットワークと、おそらく他の望遠鏡での将来の観測は、同様のイベントをキャプチャ(捕獲)し、私たちが啓示によって提起された多くの質問に答えるのを助けるでしょう。」

 


時代は確実に、今まで未知だった領域へと進入しています。

私達人間の知性も新しい知性の領域へと進化することが必要です。

人類はより優れた高度な機能へと進化(創造)を取り組まなければなりません。

 

MAZZI FINE ART は、新しい進化への知性を動かすアート作品を創作します。

素晴らしいアート作品は、スピリット(精神や魂)を動かして養います。

 

それは、真の総合的な芸術であり、何故、どの様にして、この宇宙が誕生して進化を成しているのか?そのシステムと目的は如何なるものなのか?その中心にあるものは明らかに、真の完璧なる創造を目指す思念を持った力が存在していることを揺るがぬ意思に接続させます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MF®

MAZZI FINE ART®

 

 





創造性の職人 2021 No.2

2021-01-03 by Maci

 

ニューイヤーがスタートし、アーティストの制作への情熱は止まることはありません。

 

一筆一筆、アーティストのテクニックと心によってキャンバスに描かれていくカラーは、

信じられない位にピュアで美しく、素晴らしい気持ちを与えてくれます。

 

段々と、段々と・・・、

アーティストの頭脳と心で見えている世界が現実のアート作品へと移行されていきます。

 

夏のプレビューまで、待ちきれません!

一作品、一作品に想像以上のパワーと時間を献身していきます。

 

アーティストのアトリエは、まるで、神殿、聖堂のようです。

 

深い愛へと連れていってくれるアート、

深い愛を知るアート、

MAZZI FINE ART から目が離れられません!

 

アーティストは、

「Artigiano della creatività」

創造性の職人です。

 

 

 

段々と、段々と・・・、

魂の中で真実の愛へと移行していく様子が描かれているイタリアの名曲をご紹介します。

 

Noi due nel mondo e nell'anima

 

E io dovrei comprendere
se tu da un po' non mi vuoi
non avrei mai capito te
ma da capire cosa c'è.

Dovrei tornare a casa e poi
se il fiato ce la fa
parlarti del mio mondo
fuori dei miei pensieri
poi scoprire che vuoi dormire
che non mi senti più.

E io dovrei ma spiegami
contro di me che cos'hai
come se io non fossi io
mi dici che te ne vai.

Son quello che respira piano
per non svegliare te
che nel silenzio
fu felice di aspettare
che il tuo gioco diventasse amore
che una donna diventassi tu.

Noi due nel mondo e nell'anima
la veritá siamo noi
basta così e guardami
chi sono io tu lo sai.

Noi due nel mondo e nell'anima
la verità siamo noi...
Noi due nel mondo e nell'anima
la verità siamo noi...
Noi due nel mondo e nell'anima
la verità siamo noi...

 

 

私たちは世界と魂の中で二人


そして、私は理解する必要があります
もし、最近私が欲しくないなら
私はあなたを理解することはなかっただろう
しかし、そこに何があるかを理解するために

家に帰ってから
呼吸が持続する場合
私の世界についてあなたに話します
私の考えの外
それからあなたが眠りたいことを発見し、
あなたはもう私の話は聞こえていません

そして、私は私に説明する必要があります
あなたは私に対して何を持っていますか
私が自分ではないかのように
あなたはあなたが去っていると私に言います

静かに呼吸するのは私です
あなたを起こさないために、
沈黙の中で誰が
待ってよかった
あなたのゲームが愛になること
あなたが私の女性になること

私たち二人は世界と魂の中で、
真実、それは私たちです。
それで十分です。私を見てください、
君は僕を知っている。

私たち二人は世界と魂の中で、
真実、それは私たちです...
私たち二人は世界と魂の中で、
真実、それは私たちです...
私たち二人は世界と魂の中で、
真実、それは私たちです....

 

MAZZI FINE ART

 





Happy New Year Start! 2021 No.1

2021-01-01 by Maci

 

アーティストから、イタリアの素晴らしい楽曲を紹介します!!

 

 

L'anno che verrà:来る年

この歌は、イタリアで愛されているソングライターの名曲:1978年に制作された曲です。

イタリアでは、新年に聞く曲としても有名です。

 

とても遠くにいる対話者(友人、又は、神)に宛てた手紙を書くシーンから曲はスタートします。

強力で衝動的なレジスターを選択しています。

それは、彼が手紙を宛てる友人が"はるかに強い存在"であることを示唆します。

 

「あなたははるかに強いので私はあなたに手紙を書きます」

 

シンガーソングライター自身が息抜きを求める思考で飽和した瞬間に

「親愛なる友人、私はあなたに手紙を書いているので、私は少し気が紛れます」

 

「あなたが去った後で大きなニュースがありました。

そして、年が明けました。」

「しかし、ここではまだ何かが間違っています。」

ここでは社会状況が困難な生活を人々に与えていることを示唆します。

 

この歌は自分の小さな世界だけでなく、社会の中で展開する問題をナレーションすることを選択し、70年代の終わりに起きたテロリズム(パーティーのときも含めて夕方には出かけない)と恐れに押しつぶされたイタリアの重い雰囲気を概説します。

(これは、現在も収束していないコロナウイルスの社会状況にも共通していると思います)

 

 

言葉の検閲につながる自分自身を暴露する(そして1週間は話さない)が、新年の到来とともにすべてが変わる可能性があるという不滅の希望を殺すことはできません。

 

「テレビは新年を伝えます

それは本当に新しい年(変革)をもたらすでしょうか?

そして私たち全員はすでに何もせずにただ革命を待っています」

(ただテレビのニュースを聞きたいだけで無関心な人々)

 

「その様な愚か者でさえ、現代は話をすることが出来ます。

全ての人々はすでにそうしていますが」

(昔は誰もが自由な発言は出来なかった)

「そして、今(現代は)一年中食べ物と光があります」

 

「そして、誰もが好きなように恋をします。

司祭でさえ結婚することができます」

(昔は自由な恋愛が許されなかった)

 

 

「親愛なる友人に私が書いたものを見て、あなたに話します

そして私がどれほど幸せか(出来る事があるか)

今ここにいるために、」

 

「見て、見て、見て、見て、」

 

「親愛なる友人に私は何を発明(改革)しなければならないかを見てください

笑えることが出来るように、

期待し続けるために。」

(この友人の姿が人間と彼の生存の基本となり、強く支えられます=強い決意になる)

(レパートリー全体の中で最も困難で強烈なボーカルパートの1つであり、それは強い決意を象徴)

 

(他の人のすべての恐れ、弱さ、無関心に対して、個人的な革命(決意)の瞬間として意図された、今年の終わりと新年の少し前にキャプチャされた(データーとして保存する)重要なレッスンが統合されています)

 

「そして、今年があっという間に過ぎたとしたら、

友人に会いましょう

それがどのように重要になるか

一年で来る年が過ぎる、この瞬間に私もいます。」

 

世界を受け入れるそれが何であるか、しかしそれに苦しむ(恐れる)ことではなく、それをより調和のとれた心のある動きで回転させようとしています。

 

「私はこれを準備しています。これがニュースです。」

 

 

この曲は歴史的に、このソングライターの楽曲の中で最も愛され、説明的な曲の1つであり、いくつかの永遠の歌であり、人間の存在を超えて掘り下げ、 社会が課す課題や自分自身の親密な悩みに立ち向かい、克服できるようにする鼓動を与えます。

ピアノのイントロの効果で、魂を高め、注目を集めることに加えて、書簡の形でマークされた完璧に適した叙情的なスタイルに加えて、単純な歌よりも大きな何かに命を吹き込むことが出来ました。

 

暖かくそして活気づけることが出来る歌、

手紙全体の鼓動と最も熱心な心を構成する歌、世界を想像するために、前進するために、必要な要素で構成されています。

希望の告白と承認。

 

この楽曲の様に、

現実社会の問題、自分自身の問題を無視することを余儀なくされた今までに

抵抗しなければなりません。

 

 

 

L'Anno Che Verrà

Caro amico ti scrivo così mi distraggo un po'

e siccome sei molto lontano più forte ti scriverò.

Da quando sei partito c'è una grossa novità,

l'anno vecchio è finito ormai

ma qualcosa ancora qui non va.

 

Si esce poco la sera compreso quando è festa

e c'è chi ha messo dei sacchi di sabbia vicino alla finestra,

e si sta senza parlare per intere settimane,

e a quelli che hanno niente da dire

del tempo ne rimane.

 

Ma la televisione ha detto che il nuovo anno

porterà una trasformazione

e tutti quanti stiamo già aspettando

sarà tre volte Natale e festa tutto il giorno,

ogni Cristo scenderà dalla croce

anche gli uccelli faranno ritorno.

 

Ci sarà da mangiare e luce tutto l'anno,

anche i muti potranno parlare

mentre i sordi già lo fanno.

 

E si farà l'amore ognuno come gli va,

anche i preti potranno sposarsi

ma soltanto a una certa età,

e senza grandi disturbi qualcuno sparirà,

saranno forse i troppo furbi

e i cretini di ogni età.

Vedi caro amico cosa ti scrivo e ti dico

e come sono contento

di essere qui in questo momento,

vedi, vedi, vedi, vedi,

vedi caro amico cosa si deve inventare

per poterci ridere sopra,

per continuare a sperare.

 

E se quest'anno poi passasse in un istante,

vedi amico mio

come diventa importante

che in questo istante ci sia anch'io.

 

L'anno che sta arrivando tra un anno passerà

io mi sto preparando è questa la novità

 

2021

Happy New Year

あなたの素晴らしい新年の決意が、調和のとれた心のある動きで回転しますように!

 

 

アーティストは、常に新しい邁進の鼓動を与えます。

更なる飛躍の展望、私達が皆様に提供できるクオリティーを更に高めていきます。

2021

MAZZI FINE ART

 

 





イタリアのパッションソング No.109

2020-12-23 by Maci

イタリアの情熱のソング!

あなたはこんなシチュエーションを経験したことがありますか?

 

イタリアには様々な情熱的な愛があります。

イタリアのソングから様々な恋愛のシチュエーションをイマジネーション出来ます。

 

手の中の砂が流れていくように、彼女が行ってしまったら彼は何も出来ません。

愛は様々な思いを体験します。

 

 

Un pugno di sabbia
イ・ノマディ

 

Che sapore c’è ritornar con te,


ho nel cuore l’amore insieme a te
ma con gli occhi rivedo ancora lui con te.

Che sapore c’è perdonare a te,non c’è stata primavera insieme a te,
dal momento che il sole non era più con me.

 

Ti baciava le lebbra ed io di rabbia morivo già ,
ti baciava le labbra e un pugno di sabbia
nei miei occhi oggi c’è.


Che dolor, mi lasciò lei, che dolor.

Che sapore c’è perdonare te,
di avermi insegnato che cos’è il dolor
che non può scomparir se ricordo che…

 

Ti baciava le lebbra ed io di rabbia morivo già ,
ti baciava le labbra e un pugno di sabbia
nei miei occhi oggi c’è:
non vedo te, sei tu? Io non lo so.

 

Ti baciava le lebbra ed io di rabbia morivo già ,
ti baciava le labbra e un pugno di sabbia
negl’occhi miei…

 

あなたを許すのはどんな味ですか、


あなたと一緒に春はありませんでした、
太陽がもう私と一緒にいなかったので。

 

彼はあなたの唇にキスをしました、そして私はすでに怒りで死にかけていました、
彼はあなたの唇と一握りの砂にキスをしました
今日の私の目にはあります。


どんな痛み、彼女は私を去った、どんな痛み。

あなたを許すのはどんな味ですか、
痛みとは何かを教えてくれて
それを覚えていれば消えることはありません...

 

彼はあなたの唇にキスをしました、そして私はすでに怒りで死にかけていました、
彼はあなたの唇と一握りの砂にキスをしました
今日の私の目には:
私はあなたに会わない、それはあなたですか? 私は知らない。

 

彼はあなたの唇にキスをしました、そして私はすでに怒りで死にかけていました、
彼はあなたの唇と一握りの砂にキスをしました
私の目に...

 

 

 

素晴らしい愛の体験やイマジネーションを

MAZZI FINE ARTと共に...





MORE >>