Mazzi Fine Art Blog


2021/No.11/翻訳:国際現代美術年鑑 2021

2021-05-06 by Maci

 

MAZZI FINE ART

FRANCESCO MAZZI(フランチェスコ・マッツィ)が、

国際現代美術年鑑 2021 "Annuario Internazionale D'Arte Contemporanea 2021" に選出されました!

 

伝統的な国際現代美術年鑑、最高のイタリア人アーティストの中にいる事を誇りに思います。

 





国際現代美術年鑑 2021 "Annuario Internazionale D'Arte Contemporanea 2021"

翻訳:

 

L’universo artistico di Francesco Mazzi si costruisce su una perfetta armonia tra materiali che da vita a coreo-grafie essenziali. Siamo dinnanzi a percorsi segnici che generano l’impressione ottica di un mondo arcano. I suoi quadri si costruiscono su poche calibrate tonalità che, nel loro susseguirsi, creano la suggestione di una increspatura della superficie, matericità altre volte scan-dita in tracce lineari evocatrici della bellezza naturale. In questi lavori, le trame del colore animano la tela di vibrazioni vivide e dinamiche, che sembrano volersi espandere oltre i limiti del supporto.
L’artista sfida l’osservatore a spingersi oltre la rappre-sentazione per decodificare pulsioni profonde, che sa-rebbero altrimenti indicibili.

Curatore artistico: Laura Rinella

 

Francesco Mazziの芸術的な宇宙は、本質的な振り付けに命を吹き込む素材間の完璧な調和の上に構築されています。 私たちは、ミステリアスな世界の光学的印象を生み出すサインパス(信号経路)に直面しています。 彼の絵画は、いくつかの調整された色合いに基づいて構築されており、それらが連続して、表面の波紋の示唆を生み出し、自然の美しさを喚起する線形トレース(自然の美しさを引き起こす線形の痕跡)でスキャンされることもあります。 これらの作品では、色の質感がキャンバスをアニメーション化しています。キャンバスのサポートの限界を超えて色の質感を拡大したいと思われる鮮やかでダイナミックな振動を生み出しています。

アーティストはオブザーバー(鑑賞者)に、表現を超えて深い衝動を解読するように要求します。

 

ラウラ・リネッラ

 

 

Francesco Mazzi:フランチェスコ・マッツィ

ページ左側:I colori del bosco :olio, colla a caldo, gesso, paste materiche/strutturanti, oro 24k,

vernici a base di resina su tela, cm 50x100

森の色:オイル、ホットグルー、石膏、素材/構造用ペースト、24kゴールド、

キャンバスに樹脂ベースの塗料、50x100 cm

 

FRANCESCO MAZZI:フランチェスコ・マッツィ

ページ右側:Bellezza nella tempesta :olio, colla a caldo, gesso, paste materiche/strutturanti, vernici brillantanti su tela, cm 50x100

嵐の中の美しさ:油、ホットグルー、石膏、素材/構造用ペースト、キャンバス上のブライトニングペイント、50x100p



 

QUOTAZIONE OPERE : da euro 4000,00 a 24000,00

RECENTI ESPOSIZIONI, PUBBLICAZIONI E PREMI 2020 - Ginza Okami Gallery, Solo exhibition; Mask Cover Projects (ha disegnato dei copri maschere ispirate alle sue opere,comprese di scatole dedicate); Esposizione d’ arte contemporanea “SPARCKLE”Galleria Cael; Creazione borsa di pregio MF ispirata al Giardino delle Streghe in collaborazione con una nota casa fiorentina; Intervista “A Regola d’ Arte” SKYTV”;apertura temporanea a Kyoto della MAZZI FINE ARTS

 

MAZZI FRANCESCO: MAZZI FRANCESCO - Artista autodidatta di successo da sempre appassionato d'arte. Ha lanciato la società d'arte MAZZI FINE ARTS nel Febbraio 2020 insieme alla sua partner Maki Saegusa e ha creato il logo MF. È un'artista di pittura contemporanea con scambi internazionali, con sede in Italia e Giappone. In circa un anno e mezzo ha venduto oltre 85 pezzi unici tra le collezioni Leggende&Miti e Fantasy. Ha creato e brevettato il modello di utilità internazionale “3D FRAME PUSH UP”, una tecnica di inquadratura unica, che presenta le tele fuori dalla cornice. E` proprietario della galleria privata MAZZI FINE ARTS nella baia di Osaka e cura un blog dove racconta dei suoi viaggi insieme alle sue opere. Utilizza materiali preziosi come oro 24K, platino diamanti e legni antichi, accuratamente selezionati da tutto il mondo, combinandoli con la tradizionale pittura a olio. Attraverso la forza della sua immaginazione, diventano elementi di quadri eleganti e non convenzionali. E il drammatico senso di movimento che la sua tavolozza originale crea nelle sue opere d'arte evoca un puro fascino.

 

2020年の情報
作品の価格:€4000.00から24000.00(50万円から300万円)
2020年の展覧会、出版物、賞:2020-銀座OKAMIギャラリーで個展/マスクカバープロジェクト(彼は専用ボックスを含む彼の作品に触発されたマスクカバーをデザインしました)/ミラノGalleria Caelでの「SPARCKLE」現代美術展/フィレンツェの名門レザー工房とのコラボレーションによる「魔女の庭」に触発されたMFファインバッグの作成/インタビュー「アートの法則」「SKYTV」のインタビュー/京都でのMAZZI FINE ARTギャラリーの一時オープン/

MAZZI FRANCESCO:マッジー・フランチェスコは常にアートに情熱を注いできた独学で成功したアーティスト。 2020年2月にパートナーの三枝真綺とともにアートカンパニーMAZZI FINE ARTブランドを立ち上げ、MFロゴを制作。彼はイタリアと日本を拠点に国際交流を行う現代絵画アーティストです。約1年半で、彼はLegends(伝説)&Myths(神話)コレクションとFantasy(ファンタジー)コレクションの間で85を超えるユニークな作品を販売しました。彼は、フレームからキャンバスを提示する独自のフレーミング技術である国際実用新案「3D FRAME PUSH UP」を作成し、特許を取得しました。彼は大阪湾にあるMAZZI FINE ARTプライベートギャラリーのオーナーであり、彼の作品と一緒に彼の旅行についてブログを書いています。世界中から厳選された24Kゴールド、プラチナ、ダイヤモンド、アンティークウッドなどの貴重な素材を伝統的な油絵と組み合わせて使用しています。彼の想像力の力によって、それらはエレガントで型破りな絵画の要素になります。そして、彼のオリジナルのパレットが彼のアートワークに生み出す劇的な動きの感覚は、純粋な魅力を呼び起こします。

 

MAZZI FINE ART





2021/No.10/ラグジュアリーライフマガジン掲載の翻訳:Vivo di Lusso 極上の生活 後編

2021-04-09 by Maci

MAZZI FINE ARTについて、イタリアのラグジュアリーライフマガジン“Vivo di Lusso"からインタビューを受けて掲載されました。

2021/4/8掲載:

https://www.vivodilusso.it/artwork/60689-mazzi-fine-art-gallery-osaka/

 

Le opere d’arte
Ecco alcune delle opere esposte alla Mazzi Fine Art Gallery:

芸術作品
マッジーファインアートギャラリーに展示されている作品の一部をご紹介します。

 

Bellezza nella Tempesta

(嵐の中の美しさ)



Periodo: Inverno 2019/20
Produzione: Giappone/Italia
Genere: Figurativo
Materiale utilizzato: Pittura a olio su tela di 50x100cm spessore 4.5cm, colla a caldo, gesso, paste materiche/strutturanti, vernici brillantanti
Ispirazione dietro all’Opera: I rami di ciliegio durante la fioritura
Caratteristiche dell’opera: Un’opera molto materica, dove le varie consistenze e utilizzo di colori ricordano la pietra e l’acciaio. Prevale l’uso dell’argento e platino, la sagomatura meccanica e organica dona un aspetto futuristico, possente ed elegante.
Commento dell’artista: La natura appare sospesa e fragile,ma il messaggio filtra, forza, grazia e resilienza, un’estetica Wabi-Sabi nella sua transitorietà, ponte tra passato e futuro dove convive il preservare e innovare (Immagine Giappone Moderno)

期間:2019/20年冬
製作:日本/イタリア
ジャンル:比喩的
使用した素材:厚さ50x100cm4.5cmのキャンバスに油絵、ホットグルー、石膏、素材/構造用ペースト、光沢塗料
作品の裏にあるインスピレーション:開花中の桜の枝
作品の特徴:さまざまな質感や色使いが石や鋼を彷彿とさせる非常に素材的な作品。 シルバーとプラチナの使用が普及し、機械的で有機的な成形により、未来的でパワフルでエレガントな外観が得られます。
アーティストのコメント:自然は浮遊し、壊れやすいように見えますが、メッセージは、強さ、優雅さ、弾力性、その一時的なわびさびの美学、保存と革新が共存する過去と未来の架け橋を通過します(Image Modern Japan

 


Il Giardino delle Streghe

(魔女の庭)

Periodo: Autunno 2019
Produzione: Giappone/Italia
Genere: Astratto
Materiale utilizzato: Pittura a olio su tela di 50x50cm spessore 3.8cm, colla a caldo, gesso, paste materiche/strutturanti, oro 24k, vernici a base di resina
Ispirazione dietro all’Opera: Il nostro secolo e il narcisismo che lo pervade
Caratteristiche dell’opera: I colori predominanti sono il blu e il grigio, il tono è scuro, elegante impreziosito da rilievi in oro importanti. Domina una sensazione di mistero accentuato dalla contrapposizione quasi ludica delle farfalle, create volutamente con una palette satura, aliena al resto dell’opera.
Commenti dell’artista: Le farfalle in varie culture simboleggiano, le anime o spiriti ma anche la purezza e gioia. In una notte d’Estate volano, sembrano voler trovare rifugio, come attratte dalle piante d`oro del giardino… evidente è il richiamo alla società attuale nella ricercar assidua di preziosi.

期間:2019年秋
製作:日本/イタリア
ジャンル:アブストラクト
使用材料:厚さ50x50cm3.8cmのキャンバスに油絵、ホットグルー、石膏、材料/構造用ペースト、24kゴールド、樹脂ベースの塗料
作品の背後にあるインスピレーション:私たちの世紀とそれに浸透するナルシシズム
作品の特徴:主な色は青と灰色で、色調はミステリアスな深見、重要な金のレリーフで装飾されたエレガントです。 謎の感覚が支配的であり、蝶のほとんど遊び心のあるコントラストによって強調され、飽和したパレットで意図的に作成され、他の作品とは異なります。
アーティストのコメント:さまざまな文化の蝶は、魂や精神だけでなく、純粋さと喜びを象徴しています。 彼らが飛ぶ夏の夜、彼らは庭の黄金の植物に魅了されているかのように避難所を見つけたいようです...今日の社会への言及は貴重なアイテムの絶え間ない探求から明らかです。

 

 

La Forma della Bellezza

(美の形)

Periodo: Autunno 2019
Produzione: Giappone/Italia
Genere: Figurativo/Astratto
Materiale utilizzato: Pittura a olio su tela di 45x45cm spessore 6.3cm (cornice 56x56cm) colla a caldo, gesso, paste materiche/strutturanti, oro 24k,vernici a base di resina
Ispirazione dietro all’Opera: La bellezza della donna giapponese e i rami di ciliegio,la bellezza della natura e la cultura Ikebana
Caratteristiche dell’opera: Rilievi in bronzo, platino e argento formano un ramo curvo, come appoggiato drammaticamente su una pietra o ferro antico, polveri speciali in oro 24k caratterizzano i petali e contribuiscono ad accentuare le note rugginose.
Commenti dell’artista: Resiliente, piena di grazia ma estremamente forte, una perfetta dualità tra la femminilità nipponica e la sua natura.

期間:2019年秋
製作:日本/イタリア
ジャンル:比喩的/抽象的
使用材料:厚さ45x45cm 6.3cm(フレーム56x56cm)のキャンバスに油絵、ホットグルー、石膏、材料/構造用ペースト、24kゴールド、樹脂ベースの塗料
作品の裏にあるインスピレーション:日本人女性と桜の枝の美しさ、自然の美しさと生け花文化
作品の特徴:ブロンズ、プラチナ、シルバーのレリーフは、まるで石やアンティークの鉄の上に劇的に置かれているかのように湾曲した枝を形成し、特別な24kゴールドパウダーが花びらを特徴づけ、さびたノートを強調するのに役立ちます。
アーティストのコメント:弾力性があり、優雅さにあふれていますが、非常に強く、日本の女性らしさと彼女の本性の完璧な二重性です。

 


Soffione Notturno

(ナイトのソフィオーネ)

Periodo: Inverno 2020
Produzione: Giappone/Italia
Genere: Figurativo
Materiale utilizzato: Pittura a olio su tela di 20x25cm spessore 6.3 (cornice 32x37cm), colla a caldo, gesso, paste materiche/strutturanti, oro 24k, argento, diamanti, vernici a base di resina
Ispirazione dietro all’Opera: la simbologia dei soffioni e delle farfalle
Caratteristiche dell’opera: Rosa, turchese, grigio una palette particolare, dove dei piccoli soffioni, e una farfalla in rilievo si incontrano, uno spaccato notturno irreale dove antico sapere e fantasia s’incontrano.
Commenti dell’artista: Forza, Speranza e Fiducia, le streghe li strofinavano sulla pelle per essere più ben volute dalla gente… Vita, rinascita e la purezza: il soffione rappresentato nella sua forma più preziosa con oro e diamanti, una palette tendente al blu notturno “giocosa” a ricordo dei giochi dell’infanzia e una farfalla, simbolo potente di immortalità dell’anima ma anche di crescita e trasformazione

 

期間:2020年冬
製作:日本/イタリア
ジャンル:比喩的
使用材料:厚さ20x25cm 6.3(フレーム32x37cm)のキャンバスに油絵、ホットグルー、石膏、材料/構造用ペースト、24kゴールド、シルバー、ダイヤモンド、樹脂ベースの塗料
オペラの背後にあるインスピレーション:シャワーヘッドと蝶の象徴
作品の特徴:ピンク、ターコイズ、グレーの特定のパレット。小さなシャワーヘッドと浮き彫りの蝶が出会う場所、古代の知識とファンタジーが出会う非現実的な夜の断面。
アーティストからのコメント:強さ、希望、信頼、魔女は人々にもっと好かれるように肌にこすりつけました...生命、再生、純粋さ:金とダイヤモンドで最も貴重な形で表されたシャワーヘッド、子供の頃のゲームと蝶を記念して、夜行性の「遊び心のある」青になりがちなパレット。魂の不滅だけでなく、成長と変容の強力なシンボルです。

 

 

 

Ricorrente nelle produzioni è la rappresentazione della natura, la simbologia dell’albero e l’utilizzo dell’oro
Un esperienza di lusso, il cui obiettivo è migliorare la vita delle persone attraverso oggetti di arte dal design minimalista e moderno, ma dotati di una forte aura propria e storica.

作品の中で繰り返されるのは、自然の表現、木の象徴、そして金の使用です。
ミニマリストでモダンなデザインでありながら、独自の強い歴史的オーラを備えたアートオブジェクトを通じて人々の生活を向上させることを目標とする贅沢な体験。

 

 

Visitare la Mazzi Fine Art Gallery
Il sito Internet ufficiale della Mazzi Fine Art Gallery è raggiungibile a questo indirizzo:

https://www.mazzifineart.com/collection.php?La=J

Se invece siete degli appassionati viaggiatori, potete trovare la meravigliosa galleria d’arte ad Onosato, Sennan City – Osaka (Giappone).

 

マッジーファインアートギャラリーをご覧ください
Mazzi Fine Art Galleryの公式ウェブサイトは次のアドレスにアクセスできます:

https://www.mazzifineart.com/collection.php?La=J

一方、あなたが情熱的な旅行者であれば、泉南市男里(大阪)に素晴らしいアートギャラリーを見つけることができます。

 

 

 





2021/No.9/ラグジュアリーライフマガジン掲載の翻訳:Vivo di Lusso 極上の生活 前編

2021-04-08 by Maci

MAZZI FINE ARTについて、イタリアのラグジュアリーライフマガジン“Vivo di Lusso"からインタビューを受けて掲載されました。

2021/4/8掲載

リンク:https://www.vivodilusso.it/artwork/60689-mazzi-fine-art-gallery-osaka/

 

Mazzi Fine Art: eleganza e lusso per comunicare semplicità

マッジーファインアート:シンプルさを伝えるための優雅さと豪華さ

 

Oggi affrontiamo un viaggio che parte dall’Italia ed arriva nel magico Paese del Sol Levante. E’ qui che incrociamo il percorso delicato del lusso con la storia di Francesco Mazzi, artista italiano che ha fatto del suo percorso di vita “una missione” che vede come protagonisti degli oggetti che raccontano storie di tempi lontani e che sono preziosi per un duplice motivo: la qualità dei materiali e l’esperienza della memoria.

今日、私たちはイタリアから始まり、魔法の日出ずる国に到着する旅に直面しています。 繊細な贅沢の道を、人生の道を遠い時代の物語を語る主人公と見なし、2つの理由で貴重なものと見なすことを「使命」にしたイタリア人アーティスト、フランチェスコ・マッジーの物語と交差するのはここです。 :素材の質と記憶の経験。

 

Da qui nasce la Galleria Mazzi Fine Art, dove sono si uniscono il nuovo ed il vecchio, dove tutte le linee semplici ispirate ai miti ed alle leggende che furono, si uniscono con materiali come oro, diamanti, platino e legno pregiato per realizzare un luogo della memoria.

新旧が融合したマッジーファインアートギャラリーでは、神話や伝説にインスパイアされたシンプルなラインがすべて、金、ダイヤモンド、プラチナ、貴重な木材などの素材と組み合わされて、記憶の場所が作られています。


Francesco Mazzi all’esterno della Mazzi Fine Art

マッジー ファインアート ギャラリーの外観とフランチェスコ・マッジー

 

 

 

Ma chi è Francesco Mazzi?

フランチェスコ・マッジーは誰ですか?

Noi abbiamo voluto conoscere meglio questo artista autodidatta che ha raggiunto il successo da se e che in sodalizio con Maki Saegusa (figlia d’arte con padre, madre e nonno rispettivamente architetto, gallerista e pittore), hanno messo su a Febbraio 2020 la Mazzi Fine Art, ideando e brevettando “3D Frame Push Up“, che proietta le tele fuori dalla cornice.

 独学で成功を収め、三枝真綺(画家の祖父、建築家の父、祖父のギャラリーオーナーの母、の中で育った芸術一家の娘)と協力して2月にMAZZI FINE ARTを立ち上げたこの独学のアーティストをもっと知りたいと思いました。 2020年にアートフレームの外側にキャンバスを投影する「3Dフレームプッシュアップ」を考案し、実用新案を取得

 

Francesco Mazzi e Maki Saegusa

フランチェスコ・マッジーと三枝 真綺

 

 

L’intervista

インタビュー
Ascoltiamo dalle parole dello stesso artista della sua esperienza:

アーティスト自身の彼の経験の言葉から聞いてみましょう:

Benvenuto Francesco Mazzi su Vivo di Lusso.

FrancescoMazziをVivo di Lussoにようこそ。

 

Tanti kilometri verso Osaka, ci racconta della sua scelta?

大阪まで何キロも離れていますが、あなたの選択について教えてください。

 

Vivo in Giappone da circa 15 anni, l’amore per l’arte ed il lusso mi hanno sempre circondato, in un passato non lontano ero Executive chef per Giorgio Armani Japan esprimevo il mio gusto sensoriale ed estetico attraverso ingredienti e il piatto. Adesso utilizzo colori e tele… credo poco sia cambiato, ma dopo anni di vita a Tokyo, ho sentito il bisogno di cambiare e a parte una breve parentesi a Kyoto, ho trovato nella baia di Osaka una formula magica tra vicinanza dell’aeroporto, mare e la struttura giusta dove costruire la mia galleria.

 

私は日本に約15年間住んでおり、アートとラグジュアリーへの愛情が常に私を取り囲んでいます。それほど遠くない過去に、私はジョルジオアルマーニジャパンのエグゼクティブシェフを務め、食材と料理を通して感覚と美的センスを表現しました。 今は色と帆布を使っています...ほとんど変わっていないと思いますが、東京に何年も住んでいた後、京都での短い間奏は別として、私は変化の必要性を感じました 。そして、私は大阪湾で、空港への近さ、海、そしてギャラリーを構築するための適切な構造の間の魔法の公式を見つけました。



Cosa ci può raccontare della Mazzi Fine Art?

マッジーファインアートについて教えてください。

 

La Mazzi Fine Art nasce dopo l’incontro con Maki Saegusa mia socia e adesso moglie. In circa un anno di tempo siamo riusciti a registrare un brevetto internazionale (3D Frame Push Up), creare il logo MF, vendere circa 100 pezzi d’arte ed acquistare una meravigliosa villa e trasformarla in galleria.
Non abbiamo chiesto aiuto a sponsor o banche, siamo rimasti fedeli al nostro desiderio di rimanere completamente indipendenti. Al momento abbiamo diversi progetti per il futuro, ma la priorità al momento è quella di terminare entro Giugno 2021 la ristrutturazione di tutti i locali della galleria e presentare la nuova collezione 2021.

 

Mazzi Fine Artは、私のパートナーであり、現在は妻である三枝真綺と出会った後に生まれました。 約1年で、実用新案(3Dフレームプッシュアップ)を登録し、MFロゴを作成し商標登録、約100点のアートを販売し、素晴らしいヴィラを購入してギャラリーに変えることができました。
私たちはスポンサーや銀行に助けを求めませんでした。私たちは完全に独立したままでいたいという私たちの願望に忠実であり続けました。 現在、将来に向けていくつかのプロジェクトがありますが、現時点での優先事項は、20216月までにギャラリーのすべての部屋の改修を完了し、新しい2021コレクションを提示することです。



Il target portante del progetto è il luxury: ci parla di questo connubio tra ambiente e preziosi molto frequente nelle sue produzioni?

プロジェクトの主な目標は贅沢です。あなたの作品で非常に頻繁に見られる環境と貴重なアイテムのこの組み合わせについて教えてください。

 

Il nostro concetto di luxury non è basato sull’autocelebrazione gratuita di uso di preziosi, ma giustificato dal raggiungimento di dimensioni estetiche altrimenti impossibili con normali materiali. Come spesso raccontiamo, l’oro è sempre stato utilizzato dall’uomo per impreziosire e avvicinarsi al concetto di eterno e divino, così i diamanti che vogliono raffigurare gli occhi di una dea… o ancora i petali di un ciliegio ad esempio.

私たちの贅沢の概念は、貴重なものの使用の自由な自己祝福に基づいていません。

しかし、通常の素材では美的寸法の達成の正当化は不可能です。

私たちがよく言うように、金は永遠と神の概念を装飾し、それに近づくために常に人間によって使用されてきました。そして女神の目を描写したいダイヤモンド...あるいは桜の花びらのために例。

 

Noi vogliamo comunicare “la semplicità”, che è il vero lusso del nostro tempo, non in senso retorico ma come affermazione convinta.
(F. Mazzi)

私たちは、修辞的な意味ではなく、確信を持って肯定することで、私たちの時代の真の贅沢である「シンプルさ」を伝えたいと思っています。
(F.マッジー)

 

L’ambiente è molto importante, così come plasma le persone e la natura vi si adatta ad esse, le nostre opere respirano e registrano tutta la spiritualità del luogo crescendo un a propria identità. Che sia nei pressi di un Tempio Giapponese o un campo di lavanda in Italia, l’importante è che l’opera abbia una sua storia e che si ispiri a grandi storie del passato.
Il nostro approccio è totalmente differente e si base sulla creazione di oggetti “potenti” che abbiano caratteristiche uniche ovvero esperienza e forza maturati grazie all’interazione con l’ambiente e la mano di chi li ha creati.

環境は非常に重要です。それが人々を形作り、自然が彼らに適応するように、私たちの作品はその場所のすべての精神性を呼吸して記録し、彼ら自身のアイデンティティを成長させます。

日本の寺院の近くであろうとイタリアのラベンダー畑の近くであろうと、重要なことは、この作品には独自の歴史があり、過去の素晴らしい物語に触発されているということです。

私たちのアプローチは、環境との相互作用とそれらを作成した人の手によって得られた独自の特性または経験と強さを持つ「強力な」オブジェクトの作成に基づいています。




Quali sono gli obiettivi finali della Mazzi Fine Art?

マッジーファインアートの究極の目標は何ですか?

 

Crediamo che attraverso l’arte si possa migliorare la qualità della vita delle persone, tutti i nostri clienti sono molto soddisfatti delle loro opere ed hanno percepito in concomitanza all’arrivo di questi oggetti nelle loro vite, diversi eventi fortuiti per non parlare di una maggiore senso di soddisfazione.
Abbiamo principalmente 2 linee: “Fantasy” e “Miti & Leggende” in modo che tutti possano trovare qualcosa che incontra il proprio gusto. La Mazzi Fine Art crea arte per le persone ed è sempre alla ricerca del meglio per soddisfare un mercato molto selettivo.

アートを通じて人々の生活の質を向上させることができると信じており、すべてのお客様は作品に非常に満足しており、これらのオブジェクトの到着に関連して、より大きな満足感は言うまでもなく、いくつかの偶然の出来事を認識しています。 。
「ファンタジー」と「神話と伝説」の2つのラインがあり、誰もが自分の好みに合ったものを見つけることができます。 Mazzi Fine Artは人々のためにアートを作成し、非常に厳選された市場を満足させるための最良のものを常に探しています。

 

 

Chi sono Francesco Mazzi e Maki Saegusa?

フランチェスコ・マッジーと三枝真綺は誰ですか?


Una coppia nel lavoro e nella vita, che vivono tra Giappone e Italia, lei ha un blog dedicato all’arte ed alla scienza, lui artista talentuoso e autodidatta, ed insieme viaggiano nei “luoghi della memoria” italiani con le loro opere.
I loro inizi in un ufficio nel prestigioso Imperial Hotel di Ginza, sposandosi poi a Kyoto con una galleria temporanea e infine nella zona di Sennan nella baia di Osaka, un posto meraviglioso dove hanno messo su la Mazzi Fine Art.
Nel progetto sono stati aiutati da un Maestro falegname locale, Ishikawa San, che ha saputo interpretare la nostra visione.


日本とイタリアの間に住んでいる、仕事と生活の中でのパワーカップル、
彼女は芸術と科学に捧げられた仕事とブログを持っています。彼は才能があり独学の芸術家であり、彼らは彼らの作品と一緒にイタリアの「記憶の場所」に旅行します。
彼らは東京・銀座の名門:帝国ホテルタワーのオフィスで始まり、京都で一時的なギャラリーを経て彼らは結婚し、最後に大阪湾の泉南エリアで定住しました。ここは彼らがマッジーファインアートを展示した素晴らしい場所です。
プロジェクトでは、彼らは私たちのビジョンを解釈することができた地元の大工、石川さんに助けられました。

 

MAZZI FINE ARTのビジョンは更に、完全オリジナルの高品質となり制作されていきます。

MAZZI FINE ARTは、独自の強いオーラを備えたミニマリストで最新のデザインのアートオブジェクトを通して、人々の生活を向上させることを目標とする高級ブランドです。

 

 

次回:

ラグジュアリーライフマガジン掲載の翻訳:Vivo di Lusso 極上の生活 後編へ続く...

 

 





2021/No.8/イタリア・ミラノ発のラグジュアリーライフマガジン:Tha Way Magazine 掲載記事の翻訳

2021-02-22 by Maci

 

The Way Magazine -Fine Living                         1

「エレガンスと独占的なトレンドの発見、新品の美しさと贅沢、」

イタリア、ミラノ発のラグジュアリーマガジンにMAZZI FINE ART 掲載されました!

MAZZI FINE ART のマニュフェストと制作の素晴らしさが取り上げられています。

https://www.thewaymagazine.it/luxury/mazzi-fine-art

 

このインタビュー掲載のマガジンは、MFウェブサイトのニュースからも閲覧が可能です。ぜひ、閲覧してみてください。

ウェブサイトwww.mazzifineart.com➡HOME➡カテゴリー:NEWS➡2021-02-04 The Way Magazine


翻訳:

Mazzi Fine Art: dipinto e cornice in un’opera unica Parla Francesco Mazzi dalla sua galleria di Osaka: tele energiche, imponenti e solari la cui esperienza è stata sviluppata in luoghi dall'antica memoria storica.

Natura e creatività coesistono a meraviglia nelle opere di Francesco Mazzi, artista autodidatta di successo italiano residente in Giappone dove dal Febbraio 2020 ha aperto la sua compagnia di arte Mazzi Fine Art. Mazzi ha creato il logo MF e registrato un brevetto internazionale 3D FRAME PUSH UP per presentare le sue opere “fuori dalle cornice”.

Insieme alla sua partner Maki Saegusa in circa un anno e mezzo, dalla sua galleria privata a Osaka, ha venduto oltre 85 pezzi unici in tutto il mondo tra le collezioni Leggende&Miti e Fantasy.

 

MAZZI FINE ART :ユニークな作品の絵画とフレーム、Francesco Mazziは、大阪の彼のギャラリーから語っています。その経験は、古代の歴史的記憶のある場所で開発された、エネルギッシュで印象的で日当たりの良いキャンバスです。

2020年2月からアート会社MAZZI FINE ART を設立、日本とイタリアで制作活動、独学で成功したアーティストである。自然と創造性は、FrancescoMazziの作品に見事に共存しています。MazziはMFブランドロゴを作成し、国際特許3D FRAME PUSHUPを登録、彼の作品を「枠外」で発表しました。

東京、京都、そして、大阪のプライベートギャラリーから、パートナーの三枝真綺と約1年半で、レジェンド&ミーティとファンタジーコレクションの間に85点以上のユニークな作品を世界中で販売しました。

Onosato, a Sennan City, nella prefettura di Osaka, è la sede di Mazzi Fine Art Gallery. Dopo l’esperienza di Tokyo e Kyoto finalmente un luogo in accordo con i principi del brand: una bellissima costruzione che ospiterà la galleria permanente/ufficio/casa nella baia di Osaka.

Francesco Mazzi racconta: “L’uomo sin dall’antichità ha sentito il bisogno di circondarsi di oggetti ‘potenti’ che in qualche modo potessero aiutarlo, credo che sia un bisogno umano, un simbolismo potente, propiziatorio, di buon auspicio. Qui comincia la mia filosofia: creare un’pera, parlarle, ‘crescerla’ e farla maturare in posti della memoria o power spots in modo che possa arricchirsi di  tutta l’energia positiva che il luogo custodisce”.

 

大阪府泉南市の男里は、マッツィファインアートギャラリーの本拠地です。 東京と京都を

体験した後、ついにブランドの原則に従った場所:大阪湾の常設ギャラリー/オフィス/家を収容する美しい建物を日本の本拠地にしました。

フランチェスコ・マッツィは次のように述べています。「古代から、人間は何らかの形で彼を助けることができる「強力な」物体で身を包む必要性を感じてきました。それは人間の必要性であり、強力で、神聖で、縁起の良い象徴であると私は信じています。 ここから私の哲学が始まります。作品を作り、話し、「成長させ」、記憶やパワースポットの場所で成熟させて、その場所が持つすべてのポジティブなエネルギーで豊かにすることができるようにすることです。

 

Come si legge nel blog dove racconta dei suoi viaggi insieme alle sue opere non più bloccate all’interno delle cornici, Mazzi riesce a collegare anche i dipinti ai luoghi della memoria storica. “Crediamo che l’arte abbia una memoria e raggiunga un grado di esperienza come le persone. Ci ispiriamo ai miti e alle leggende per creare oggetti con una memoria e forza propria, ogni opera d’arte è come un pensiero, per arricchire la vita con dei pensieri positivi”.

 

Dopo l’esperienza di Tokyo e Kyoto finalmente il duo ha trovato il luogo giusto, una bellissima costruzione che ospiterà la galleria permanente/ufficio/casa nella baia di Osaka vicino al mare. “Per la ristrutturazione – dice l’artista che intende creare un link con l’ambiente attorno alla location – provvederemo con i migliori materiali a km 0 che troveremo tra le montagne e campagne circostanti”

 

ブログで彼が旅行について語り(彼は作品を旅に連れていきます)、作品がフレーム内にブロックされなくなったことを読んでいるように、マッツィは絵画を歴史的記憶の場所に結び付けることもできます。

「アートには記憶があり、人のような経験に達すると信じています。 私たちは神話や伝説に触発されて、独自の記憶と強さを備えたオブジェクトを作成します。各芸術作品は思考のようなものであり、前向きな思考で人生を豊かにします。」

 

東京と京都を体験した後、彼はついに適切な場所、海の近くの大阪湾に常設のギャラリー/オフィス/家を収容する美しい建物を見つけました。 「リノベーションのために-その場所の周りの環境とのリンクを作成しようとしているアーティストは言います-私たちは周囲の山や田園地帯で見つけることができる0kmで最高の素材(アート作品)を提供します」


“Albero del sole” di Mazzi Fine Art. Pittura a olio su tela di 40x40cm spessore 4,5cm, gesso, paste materiche/strutturanti, vernici a base di resina. Cornice realizzata con legni ultra centenari la finitura prevede una doratura sia a guazzo che a missione (lucido e opaco) che segue il naturale movimento del materiale.

 

マッツィファインアートによる「太陽の木」。40x40cmの帆布、4.5cmの厚さ、石膏、/織り目加工のペースト、樹脂ベースの塗料に油絵の具。 ウルトラセンチュリーウッドで作られたフレームで、仕上げには、素材の自然な動きに追従するガッシュとミッションギルディング(光沢と不透明)の両方が含まれています。

 

「Dragodell’Amiata」、2020年春夏。45.5x37cm、厚さ6cmのキャンバスに油絵、卵殻、石膏、テクスチャ/構造化ペースト、樹脂ベースの塗料。 17世紀の木材で作られたフレームと色あせたバンドの純金メッキ。ミッションフレームは約8 / 10cm。全体のフレームサイズは約57×75cm。

 

La natura è sempre alla base dei concetti delle opere. In “Albero del sole” il simbolo dell`albero, modello universale che unisce la terra e il cielo. C’è raffigurato il sole e i suoi raggi fonte di vita e luce, conoscenza, supremazia e illuminazione. I colori sono oro, arancio e rosso colori caldi stimolanti, l’utilizzo delle varie sfumature crea riflessi propri delle superfici metalliche il tono è luminoso, domina una sensazione di forza ed energia; la composizione gode di rilievi realistici armonizzati a formare la sagoma di un albero. L’opera è fortemente materica, austera, minimale, pensata e sviluppata assieme all’opera del “Drago dell’Amiata“, dove l’artista riproduce le squame di un drago e il concetto di forza e potenza viene amplificato dalla sensazione del poterlo toccare.

 

自然は常に作品のコンセプトの基礎です。 「太陽の木」では、地球と空をつなぐ普遍的なモデルである木のシンボル。 それは太陽とその光線、生命と光の源、知識、覇権と照明を描いています。 色はゴールド、オレンジ、レッドで温かみのある色を刺激し、さまざまな色合いを使用することで金属表面の反射を生み出し、トーンは明るく、強さとエネルギーの感覚が支配的です。 構図には、木の輪郭を形成するために調和したリアルなレリーフがあります。 素材性が高く、厳粛で、ミニマルで、ドラゴンの鱗を再現した「アミアータドラゴン」の作品と合わせて考案・開発された作品で、ドラゴンの肌を触ることができる感覚で力強さの概念が増幅されています。

 

Francesco Mazzi racconta del suo legame con il Paese del Sol Levante così: “Sono cresciuto con gli Anime Generation nipponici degli anni 70/80 e probabilmente  il mio approccio artistico  rispecchia i valori che queste produzioni volevano comunicare. Venivano sempre esaltati amicizia, lealtà, sacrificio e forza. Essendo italiano ma trapiantato da più di 15 anni nel Sol Levante riesco ad armonizzare il meglio del senso estetico delle due culture. Attraverso le mie opere osservando il passato modello il futuro con oro, platino, argento, diamanti, colori a olio rari,cornici storiche ultra centenarie”.

Lo stile della sua arte è completamente originale, ci si trova davanti a opere dal design minimalistico ma con rilievi scultorei e dettagli di colore della grande pittura a olio. Il tutto rivisitato in chiave contemporanea, con l’opera totale dove cornice e tela dialogano e diventano un unicum.

 

Francesco Mazziは、日出ずる国とのつながりについて次のように語っています。「私は70年代/ 80年代の日本のアニメ世代で育ちました。おそらく私の芸術的アプローチは、これらの作品が伝えたかった価値観を反映しています。 友情、忠誠心、献身、そして力は常に高められました。 イタリア人ですが、日出ずる国に15年以上移植されているので、2つの文化の最高の美的感覚を調和させることができます。 過去を観察する私の作品を通して、私は純金、プラチナ、純銀、ダイヤモンド、希少な油絵の具、超百年の歴史的枠組みで未来をモデル化しています。

彼の芸術のスタイルは完全にオリジナルであり、ミニマルなデザインの作品に直面しており、大きな油絵の彫刻的なレリーフと色の詳細に直面しています。 フレームとキャンバスが相互作用して全てが一つになるトータルワークで、すべてが現代的なキーで再考されました。

 

“Drago dell’Amiata”, primavera-estate 2020. Dipinto olio su tela di 45,5x37cm spessore 6cm, gusci d’uovo, intonaco, paste materiche / strutturanti, pitture a base di resina. Cornice realizzata con legni ultracentenari e doratura con fascia sfumata cornice mission 8/10 cm circa dimensioni complessive cornice 57×75 cm circa.

“Bellezza nella tempesta”, inverno 2019/20. Pittura a olio su tela di 50x100cm spessore 4,5cm, colla a caldo,gesso,paste materiche/strutturanti,vernici brillantanti.

「嵐の中の美しさ」、2019/20年冬。 厚さ50x100cm4.5cmのキャンバスに油絵、ホットグルー、石膏、材料/構造化ペースト、光沢塗料。

 

Sono queste opere  energiche, imponenti e solari  la cui esperienza è stata sviluppata in luoghi  dall’antica memoria storica. L’isola di Ventotene, il Tempio di Giove a Terracina e il museo archeologico di Sperlonga sono tutte fonti di questo lavoro, con gli evidenti riferimenti a miti e leggende.

In “Bellezza della tempesta” invece la natura appare sospesa e fragile, ma il messaggio filtra, forza, grazia  e resilienza, un’estetica Wabi-Sabi nella sua transitorietà. Un ruolo ponte tra passato e futuro dove convive il preservare e innovare.

 

これらはエネルギッシュで印象的で日当たりの良い作品であり、その経験は古代の歴史的記憶のある場所で開発されました。 ヴェントテネ島、テラチーナのジュピター神殿、スペルロンガの考古学博物館はすべてこの作品の出典であり、神話や伝説への明らかな言及があります。

一方、「嵐の美しさ」では、自然は浮遊し、壊れやすいように見えますが、メッセージは、強さ、優雅さ、弾力性、その一時的なわびさびの美学を通過します。 保存と革新が共存する過去と未来の架け橋となる役割です。


Francesco Mazzi e Maki Saegusa di Mazzi Fine Art. Della loro arte dicono: “Ogni opera arricchisce la vita con dei pensieri positivi. Crediamo nella semplicità, osservando il passato diamo forma al futuro. Apprezziamo l’artigianato locale e non smettiamo mai di cercare i prodotti migliori”.

 

MAZZI FINE ART のFrancesco MazziとMaki Saegusaは、自分たちのアートについて次のように述べています。「それぞれの作品は、前向きな考えで人生を豊かにします。 私たちは、過去を観察することによって未来を形作る、シンプルさを信じています。 私たちは地元の職人技に感謝し、最高の製品や素材を探すことを決してやめません」。

La finalità di Mazzi è riassunta così: “L’arte arricchisce la vita e la sua ultima funzione è di rendere le persone più felici. Ma c’è anche bisogno di fare da specchio dei tempi. In “Giardino delle streghe” sono ritratti il nostro secolo e il narcisismo che lo pervade. Caratteristiche  dell’opera sono il blu  e il grigio, il tono è scuro elegante impreziosito da rilievi in oro importanti. Domina una sensazione di mistero accentuato dalla contrapposizione quasi ludica delle farfalle, create volutamente con una palette satura, aliena al resto dell’opera. Le farfalle in varie culture simboleggiano le anime o spiriti ma anche la purezza e gioia”.

 

マッツィの目的は次のように要約されています。「アートは人生を豊かにし、その究極の機能は人々を幸せにすることです。」 そして、時代を反映する必要もあります。 「魔女の庭」には、私たちの世紀とそれに浸透するナルシシズムが描かれています。 作品の特徴はブルーとグレーで、トーンは重要なゴールドのレリーフで装飾されたエレガントなダークです。 謎の感覚が支配的であり、蝶のほとんどは遊び心のあるコントラストによって強調され、飽和したパレットで意図的に作成され、他の作品とは異なります。 さまざまな文化の蝶は、魂や精神だけでなく、純粋さと喜びを象徴しています。

“Giardino delle streghe”, autunno 2019. Pittura a olio su tela di 50x50cm spessore 3.8, colla a caldo,gesso,paste materiche/strutturanti,oro 24k,vernici a base di resina.

 

「魔女の庭」、2019年秋。厚さ50x50cmのキャンバスに油絵3.8、ホットグルー、石膏、材料/構造用ペースト、24kゴールド、樹脂ベースの塗料。

 

エレガンスと新しい美しさ、記憶(ストーリー)とパワーを持つラグジュアリーアート

MAZZI FINE ART®





2021/No.7/宇宙が創り出す美のサイエンス

2021-02-15 by Maci

 

Albero delle Streghe 2020 (魔女の木)

 

 

Lo spazio-tempo

「時空」

時空とは、4つの時間座標(t)とともに3つの空間座標(X、Y、Z)が考慮される4次元空間です。

 

時空は古典物理学では、時間と空間は2つの絶対的かつ独立した量と見なされていました。

19世紀の科学者によると、時間は誰にとっても平等に流れます。 時間が速くも遅くもありません。

同じように、空間は単一の議論の余地のない独立した量と考えられていました。

その為、空間と時間の両方が互いに無関係であると見なされました。

時間は空間に影響を与えないと見なされ、その逆も同様でした。

 

この様な時間と空間の古い見方は間違っており、それは空間と時間の浅はかな見方です。

時間と空間は私たちの周りで毎日目にするものですが、

未だにこの間違った時間と空間の見方は、今日の一般的な考えとして広く広まっています...

しかし、それは間違った見方です。

 

新しくもっと正確な見方が可能な思考が必要です。

私たちが地球上で見るものは、自分がいる状況によって決定されることを忘れています。

 

つまり、

他の参照システムでは、別の惑星や高速宇宙船に搭載されている場合、状況は大きく異なります。

実際には、空間と時間はどちらも相対的な量であり、変化し、互いに影響し合う可能性があります。

 

したがって、

私たちは時空ついて正確に話し始めます。

状況や場所が異なれば、空間と時間の測定も異なります。

 

その事実を認識してみてください。

ただ、地球では、時空の違いが微小であるため、その影響を見ることができません。

彼らは簡単に知覚されません。 私たちはそれらを見れませんが、彼らはそこにいます。

 


時空の概念は、

アルバートアインシュタインの相対論的物理学で初めて導入されました。

スペース(空間)とタイム(時間)は1つのサイズと見なされます。

それらは2つの別個の変数ではなくなります。

 

イベントAとイベントBは、従来の3つの空間次元(X、Y、Z)ではなく、

4つの座標(X、Y、Z、T)で表す必要があります。

 


(実用的な例):日常生活で箱のサイズを測定したい場合、

幅(X)、高さ(Y)、奥行き(Z)を測定する必要があります。 古典的な3次元デカルト図です。

 

2次元(XY)だけでボックスの思考を測定することは出来ません。 それは間違っていて非現実的です。

「※ 人間として、私たちは世界を三次元で知覚します。 それは私たちの周りで毎日、目にするものです。

ただし、これは必ずしも正しいとは限りません。

アリは2次元で現実を見ますが、アリは目にしているものが2次元ではないことをよく知っています。」

 

相対論的物理学でも同じことが当てはまります。

3次元(XYZ)ではなく、4次元(XYZ +時間)で推論する必要があります。

私が古典的なXYZ空間座標でのみ推論した場合、私はそれが実際に何であるかについての現実を表すことはできません。 私は間違いを犯すでしょう。

 

4つの次元について考える理由その理由は非常に単純です。

時間はすべての人にとって同じように流れるわけではなく、空間に関連しています。

時間が変化すると、空間が変化し、逆も同様です。

時間は相対的です。

 


たとえば、車両が光に近い速度で移動すると、車上での時間が遅くなり、スペースが縮小します。

 

スピードは時間の経過を遅くしました。

言い換えると、時間は、それが測定される参照システムに依存するため、相対的です。

 


「例: この自然現象(地球の時間)は測定可能です。

GPSネットワークの静止衛星の1つで地球の軌道に時計を送るときに、それを観察します。

時計は地球の速度より速く動きます。

しばらくすると、その時計は地球とは異なる時刻を示し、数分の1秒前に戻ります。」

 

 

空間も相対的です車両が光に近い速度で移動すると、空間も変化します。

スペースの縮小により、車両が外側から移動するのを見ると、短くなっています。

したがって、時間と空間の両方が車速の影響を受けるようです。

したがって、空間と時間は相互に関連しており、状況や参照システムによって変化する可能性があると言えます。

 

このため、

4番目の次元(時間)は、空間に依存しない量としてではなく、

物理的な状態を測定するために不可欠な座標と見なされます。

 

これらの現象は、1905年のアルバートアインシュタインの特殊(または特殊)相対性理論で説明されています。

※ 重力の強い場所に物体を置いた場合も同様の現象が起こります。 再び時間が遅くなり、スペースが縮小します。

しかし、この現象は遺伝子相対性理論で説明されています。

 

イマジネーションを豊かに理解してみてください。

これは本当にエキサイティングな思考です!

 

宇宙が創り出す「美のサイエンス」

時間と空間=時空

アーティスト:MAZZI FRANCESCO が創り出す

「MAZZI FINE ART 」と「3D Push-up Frame」は、

新しい思考、時空のイマジネーションを与えているかのようです。

 

MAZZI FINE ART®





MORE >>