制作者(アーティスト):Francesco Mazzi (フランチェスコ・マッジー)
常にアートに情熱を傾け、名門の家のエグゼクティブシェフとしての経験を持つ独学アーティスト(アルマーニ、ピンキオーリなど)。2020年2月にアート会社MAZZI FINE ARTを立ち上げ、MFロゴを作成し、国際3Dフレーム特許を登録。3D FRAME PUSH UPにより「枠外」でアート作品を発表。日本とイタリアを拠点にプロダクション
作品タイトル:光の滝
制作年デート:春/夏2020
アトリエ場所:日本/イタリア
ジャンル:抽象/現代油絵
使用素材:キャンバスに油絵40x60cm厚さ4.5cm、23/ 24純金、ダイヤモンド、石膏、素材/構造用ペースト、樹脂ベースの塗料外側に亀裂が見られる古いセンテナリーオークの梁で作られたフレームは経年変化による典型的な美しい亀裂。フィニッシュには、主に亀裂内部のガッシュとミッションギルディングの両方が含まれ、滝の流れ落ちる水の動きを思い出させます。フレームバンド約10cmフレーム寸法約61×80cm

作品の背後にあるインスピレーション:岩の表現、水の動き、光の屈折、2つがどのように拡大するか、必ずしも垂直のプロセスではなく、理解可能な物理的な表現での要素の流れを参照してください。このような状況では、あらゆる性質の波が金の中を永久に流れます。

作品の特徴:メインカラーはターコイズ、水を想起させるライトブルーとホワイトで、ゴールドカラーと23/24純金のシートを使用することで明るいトーンが生まれ、垂直性とレリーフは動きと連続性を感じさせます。輝くダイヤモンドは水の発泡をシミュレートします。

アーティストからのコメント:人は常に水と光を表現し、美化してきました。すべての文化において、それらに捧げられた象徴性の欠如はありません。このモダンなアプローチでは、シンプルさと新鮮さ、自然の中での相手に忠実な色と形が際立っています。水の記憶は、ここで歴史的に重要な場所への訪問で増幅されます:ヴェントテーネ島、テッラチーナのゼウスの神殿、スペルロンガの考古学博物館。島で呼吸する自由、神殿の神聖さ神々の父とオデュッセウスの行為に捧げられたものがこのキャンバスの内部を流れています。この作品を見ると、水の流れ、出来事、歴史を観察することができます。

 

 

Art enriches life and its ultimate function is to make people happier.

アートは人生を豊かにし、その究極の機能は人々を幸せにすることです。

 

"Be inspired by myths and legends to create objects with their own memory and strength"
``神話や伝説に触発されて、独自の記憶と強さを持つオブジェクトを作成する ''

MAZZI FRANCESCO

フランチェスコ・マッジー